1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. 香港 »
  4. 香港税務

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

香港 > 税務

日本と香港、富裕層を取り巻く税状況について

 自分でリスクを取り、努力し、頭を使って財を築いても、相続が発生すると我が物顔でその財に対して"税金"を課税して来る税務局。

 資産家の方々は、例えそれらの財を得る課程でしっかりと国内税法に従った納税を欠かさず行っていたとしても、(相続事由・贈与事由が発生してしまうと)こうなってしまうのが今の日本です。

 仮に、日本が香港のような税制度を敷いたらこんな事(永遠の旅行者)にはなり得ません。ただ逆に香港のような税制度を日本が導入していたとしたら、間違いなく立ち行かなくなってしまうでしょう。

 こうした納税義務を逃れる方法論と言うのは、この"永遠の旅行者"以外にも様々なものが出ていると言われております。 
しかしそれが一旦、陽の当たる所に出てしまうと、徴収側(税務局)の調整(圧力?)で法改正が"追いかける"と言う図式が発生します。

 まさにこうした事そのものが、"永遠の旅行者"ならぬ、"永遠のせめぎ合い"と言えなくはないでしょうか。

東京新聞 : 「富裕層税逃れ、監視強化 国税当局が専従チーム」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014092702000150.html

▲ページのTOPへ