1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. その他 »
  4. その他一般

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

その他各国 > 一般

【 "クレド"が作る社内文化と成長 】

海外でも国内でも会社を成長させる際に重要な項目はいくつもあります。

そんな中でも会社にとって「社是」、あるいはスティーブン・R・コヴィー博士の名著『七つの習慣』などでも
紹介されている"ミッションステートメント"と言う概念を重視し邁進する会社様も存在します。

サービスのモデルケースが満載であるホテル業の中でも老舗中の老舗である、あの『リッツカールトン』では
そのミッションステートメントを今回の表題の用語="クレド"(信条)と呼んで従業員の全てが所有しているそうです。

往々にしてこうした「宣言事」と言うものは、経営層の人間のみがそれを考えトップダウンで後に続く従業員達に
"押し付ける"ものとなりがちですが、リッツのそれは、むしろボトムアップ(下から上)したものをその骨子に置いている
と言うから驚きを感じ得ません。

そしてその内容は下にご紹介しております6つの構成から成り立っており、これを社員全員がカードとして
常に携帯すると言うもののようです。

このクレドによってリッツの社員はサービスの現場に立つ時(=実践時)、自分の行動を律して最高のサービスを
提供するための存在となる...。

世界一のサービス企業と評価される会社の従業員が、何故、先の先まで考えたサービスが出来るのか?
彼らの秘密を垣間見るようですね。

■ リッツカールトン 6つのクレド(信条)
1.サービスの3ステップ
2.モットー
3.従業員への約束
4.クレド
5.サービスバリュー
6.ミスティーク

▲ページのTOPへ

スマホサイトを表示