CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・活用するための最新情報

英国のEU離脱に関する考察

英国は6月24日の国民投票でとうとう一大経済圏であるEUから“離脱をする”事となりました。この結果は残留を支持していたキャメロン首相を辞任に追い込み、世界の金融市場に甚大なる余波を与えています。そして今後2年を掛けて、英国はこの“欧州連合”から完全に独立独歩を行う為のプロセスをスタートさせることになります。この投票結果は日本も対岸の火事ではありません。アベノミクスが推進して来た過去数年に及ぶ円安誘導&株価上昇の流れに冷水をぶっ掛け、リーマンショック並みの衝撃を持って受け入れられる向きすらあります。

ではこの“Brexit(=英国EU離脱)”、香港やアジアの反応はどうだったのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP 【 英国のEU離脱に対する香港やアジアへの影響は? 】

 - お役立ち情報, ニュース ,

  関連記事

no image
OECDが進める『自動的情報交換制度』の動向

日本を含めた海外の国々、特に先進国間を中心として『自動的情報交換制度』(英語:C …

no image
実はメリットだらけ!?ビジネスコンサル会社を挟むことで得られる利点。

香港や中国に進出されている会社様の会計記帳や監査と言うものは往々にして直接お客様 …

no image
今、改めて案内する海外法人設立の際の留意事項

近年、海外法人を設立しようとする日本人の方の数は(景気などに左右されず)継続的に …

no image
国外財産に対する課税範囲の重要な変更点

税制改正と言うのは毎年年末にその内容が公表される形になりますが、今回の変更=『平 …

no image
香港における破産について

破産には二つの方法があります。 1)債権者が裁判所に破産申立を行い、未決済の債務 …

no image
駐在中の日本の健康保険の使用について

日本から海外に赴任となる場合、海外での生活をサポートする側面として保険手配は必須 …

no image
【 誤解?無理解?私募債とタックスヘイブン対策税制《事例紹介》 】

香港や中国、シンガポールなどで海外ビジネスを推進されている方々の中には『タックス …

無料個別相談会バナー
2月の法人設立個別相談会は、2会場で開催予定です!

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
香港にあの”109″が進出!

SHIBUYA109でお馴染みの東急電鉄&東急モールズデベロップメント社(以下、 …

no image
新たな課税検討事項になるか? ~日本の富裕層が迎える受難「出国税(Exit Tax)」~

富裕層をターゲットとする新たな課税枠を政府・与党は検討し始めたようです。 こうし …