CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港とシンガポール、似て非なる兄弟?それとも双子?

仮に、アジアに於けるオフショア市場をリードする国(地域)を“挙げて見なさい”と言われたら貴方の頭の中には一体どこが思い浮かぶものでしょう

香港?それともシンガポール?或いはフィリピンなどでしょうか…

(恐らく)少しでも海外投資などをご経験された方々であるならば、オフショア市場をこのアジアで牽引しているのは香港かシンガポールの2つのマーケットであることを理解していらっしゃいますし、海外絡みのビジネスや資産運用と言った局面に立たされるようなことがあった場合は、先ずこれら2つの選択肢をどのように有効利用して行くのかを考えるのかが「基本ベース」となっていると言っても過言ではないでしょう。

既にご存知の通り、香港もシンガポールも既に国際的には非常に高い信用を保っています。双方とも法整備や金融インフラ、また人材のレベルに至るまで、地域差は多少あるとは言え、甲乙を付け難いと言うのが実勢です。

今回は、過去にも何度か題材として取り扱って来たテーマ(香港vsシンガポール)を、全く違う視点で比較した時の差異をベースとしてご案内させて頂きたいと思います。その「視点」とは、実際に貴方がこれらの場所に居住するとした場合、一体どのような違いがあるものなのか?と言うものです。

詳しくはCCM香港HP
生活面から仕事面まで…人が住む上での香港vsシンガポール

 - お役立ち情報, ビジネス, 海外移住・国際, 生活, 香港生活情報 ,

  関連記事

no image
適用間近となる非居住者口座情報の自動交換制度

非居住者口座情報自動交換制度が始まります。この制度の“適用対象者”と言うのは自国 …

no image
中国での「社会保険」に日本人駐在員は加入する必要があるのか?

弊社の業務範囲と言うのは香港を中心としてオフショア国(地域)などのご相談案件が中 …

no image
2015年香港経済から見る2016年の動き

どこの国でも同じ事ですが、毎年1度、その国の経済活動を表す指標なり数値が統計とし …

no image
海外で銀行口座開設を行う際に心掛けて欲しいこと2

香港やシンガポールだけでなく、“タックスヘイブン”と称される低課税地域や国での銀 …

企業買収
【 敵対的買収劇がもたらしたもの-2007年ブルドックソース事件とは? 】

2007年5月中旬に突如発生した企業買収を巡るこの事件、米系投資ファンド会社ステ …

150121110315_0
マイナンバー準備と今後注意しておくべき税制(2)

2018年をターゲットの年度として、今、日本を含めた世界的な税務情報交換の制度導 …

no image
【タックスヘイブン対策税制 実体基準の判定について】

香港のような軽課税地域では常に日本の税法、特にタックスヘイブン対策税制の影響下に …

no image
香港で入る海外生命保険とは?

既にご存知の方も沢山いらっしゃるように、海外の生命保険と言うのは日本国内で販売さ …

no image
香港で故人の口座から残高を引出しするには?

海外で口座を所有されていらっしゃる方や香港などに駐在でいらっしゃった方などが、お …

no image
弊社に寄せられる、よくある質問

海外法人設立を主体とする弊社業務は香港や中国を中心とした多くの質問が寄せられます …