CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港で“お手伝いさん”を雇う際の基本事項

海外駐在となると様々な事を一から準備して行かなくてはならない為、駐在員自身やご家族への“負担”が色々な形で掛るものです。仕事面は代替えが利かないのは致し方がないにしても、生活面でのサポートを誰かに依頼することは現実的な選択肢として存在するものであり、その面のサポートが香港には存在しています。

香港では一般的な認識として「ドメスティックヘルパー」と呼ばれる職業があり、傾向的には東南アジアから香港にやって来る女性達がその役を担っています。その数は実に33万人にも及ぶと考えられており、共働きを行う香港人や外国から駐在で来るような方々を“傍から支える”貴重な労働力のひとつでもあります。

今回はこのように香港のご家庭の中で一般的に雇われている「ドメスティックヘルパー」に関する雇用に関してご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港HP
「ドメスティックヘルパー」を雇う経路とは?

 - お役立ち情報

  関連記事

no image
『一帯一路』に組み込まれて行く香港

中国国家主席である習近平の壮大な構想によって2013年にスタートした中国の『一帯 …

no image
米国の法人税率引き下げがオフショア市場に与える影響

アメリカのトランプ大統領が自国の法人税率を20%まで引き下げと言う、大統領選キャ …

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務1

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
【 世界消費税ランキング 】

日本も消費税が5%から8%へと上昇し、そして2017年4月にはとうとう大台の10 …

no image
ここ数年から見る香港の将来

1997年に返還されて以来、香港は中国に対して一定の独立性の維持を約束されながら …

no image
海外で退職する社員の退職金はどうする?

例えば会社の海外現地法人などの責任者として赴任させた社員が現地で退職を迎えるよう …

no image
香港就労ビザの申請について

香港に会社を設立し、その会社の取締役として就労ビザを申請するには、香港にビジネス …

prof150x150
香港への現金持ち込み申告義務化へ

12万香港ドル以上の香港への持ち込みの申告義務化について,香港政府からプレスリリ …

no image
【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー2

ゴーン容疑者の拘留はとうとう10日を過ぎました。今やこの事件は日本やフランスのみ …

no image
香港の競争を勝ち抜いている日系企業の事例とその秘訣とは?

香港進出の日系企業数は近年、撤退数とその数を比較すると芳しい状況(結果)とは目に …