CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

『一帯一路』に組み込まれて行く香港

中国国家主席である習近平の壮大な構想によって2013年にスタートした中国の『一帯一路』はこれに関わる64カ国の国々の事情と相まってあるところではトラブル、またあるところではスムーズにことが運ぶ等々…様々な悲喜交々があるようです。この点、香港は中国にとってもともと南(華南地区)の“広告塔”であるポジションであることや香港政府上層部の多くが中国共産党支持者で構成されていると言う理由もあり、中国との間に計画された役割を着々と進めていると言う印象が伝わって来ます。

例えば香港と珠海、マカオを繋ぐ香港珠海澳門大橋はハード的にすでに完成し、テスト走行や入出国の手続き、また商業的な面での調整を終るだけの段階まで到達していますし、深センや広州と香港を繋ぐ高速鉄道は既に竣工し、導入がなされています

このように積極的に中国との関わりを形化(かたちか)して来ている香港ですが、こうした動きの中で繋がって行く将来と言うのは一体どう言うのものとなるのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP
“大湾区”の一角としての役割を進める香港の今後の軸足

 - お役立ち情報, 中国, 現地事情, 生活, 香港生活情報 , ,

  関連記事

no image
国際税務の手法(海外資金還流について)

子会社と本社の間には常に「配当」と「利息」の議論が存在します。特に海外子会社とな …

no image
【平成27年度税制改正大綱~まとめ】

昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて …

no image
中国における短期滞在者免除とは?

国際税法に触れるとその中で必ず出て来るものの内の一つに出張者の滞在日数を巡る部分 …

no image
中国駐在となる本社採用の中国人幹部に関して配慮すること

日本から中華圏などに駐在で行かされる人員は、日本人より日本採用の中国人スタッフの …

no image
日本との違い–海外給与の取扱い

海外現地法人などに赴任となった場合はその駐在の社員に対する給与について考えて置か …

no image
香港の税務申告制度とは?

やや時期が過ぎてしまっているタイミングとはなりましたが、今回は香港の税務申告につ …

no image
香港法人、設立の手順から運営までー2

海外に進出を行う場合、企業はそれぞれの進出目的・事業の内容を考慮して、「現地法人 …

banner_meeting
10月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
税務署目線で対策を練ることの大切さについて

香港やシンガポールと言った軽課税地域に居住している人やそこで事業展開を計る企業は …

no image
香港IDカード&就労ビザについて

香港で就労するために必要な就労ビザと香港ID、そして香港に移住して7年が過ぎると …