CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー1

11月19日、既に世間一般でも周知の通り、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン容疑者が東京地検特捜部により逮捕されました。この衝撃的な事件は、それこそその日の内に地球の裏側にまで届く程のインパクトを持って報道がされる事となった訳ですが、現時点では拘留されているゴーン容疑者自身からの公的なコメントなどが何ら発せられていない状況である為、事の成り行きについては様々な憶測が飛び交っています。

今回の容疑の焦点となっている部分と言うのは、有価証券報告書上に関するゴーン容疑者の報酬の過少申告と言うのが中心に置かれていますが、今回のスキャンダルの中では日本とフランス以外の国が何気に組み込まれていることに気がつかれた方は居るでしょうか?それは、ゴーン容疑者が行ったとされる資産管理会社が所在するオランダのことです。

このオランダと言う国は、こと特殊スキームなどの設置場所として香港やシンガポール等と並び度々使用される国のひとつであり、特にヨーロッパ諸国の税務絡みの問題では重要な働きを演じることがあります。

今回及び次回は、連日報道されているこのゴーン容疑者絡みのトピックとして、オランダの機能のご紹介と、税務面での解釈について触れて行きます。

詳しくはCCM香港HP
カルロス・ゴーンも使用した「オランダ」と言う国の特異性

 - お役立ち情報

  関連記事

no image
「中国と香港の違い」どうしても相容れない関係-2

前回から2回目となる今回も、香港と中国の「違い」について触れて行きます。この考察 …

no image
税務署目線で対策を練ることの大切さについて

香港やシンガポールと言った軽課税地域に居住している人やそこで事業展開を計る企業は …

no image
“超法規的権限”を手にしてしまった行政長官

10月初旬、香港政府は2つの重要な法律を可決しました。1つは立法手続きを省略する …

no image
海外駐在員向け「海外派遣者特別加入制度」とは?

国内での労働環境に身を置いている多くの方々にとって労災保険は半ば当たり前過ぎる社 …

no image
タックスヘイブン税制での裁判事例とは?

「タックスヘイブン税制」とは、正式名称として「外国子会社合算税制」の事を言います …

no image
【平成27年度税制改正大綱~まとめ】

昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて …

no image
特許権を海外子会社に付ける際の注意

通常、中国などに製造拠点の設置を目的とした海外子会社を作る場合、日本の親会社が所 …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項① ~会社秘書役とは?~

香港で法人を設立する際、日本の方々が一様に戸惑われる事のひとつに『会社秘書役(C …

no image
【コーヒーブレイク】海外勤務者の税務上に関する留意点について

コロナ禍が恒久化しつつある現在、日本の企業の海外進出や出先とのやり取りと言うのは …

no image
日本の生命保険に関する税法上の違いとは?-2

昨今では国を跨る様々な法的規制の整備や商品提供を行う側の商業的な目的が優先されて …