CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港が纏う 『国際金融センター』 と言う評価軸

毎年春先に発表となる国際金融センターの順位ですが、これを調べる機関によっても順位が上下してしまうのは否めないものです。そして、こうした順位を付けたがる国と言うのはやはり著名なシンクタンクが集まる欧米となる訳ですが昨年の秋口に英系のシンクタンクであるZ/Yenグループが発表したところによると国際金融センターとしての尺度で各国の主要都市を比較した結果、香港はロンドン、ニューヨークに次いで、3位に位置付けられることとなりました。

記事の表題では“浮上”と言う言い回しが使われていた為(何故ならこのシンクタンクの評点では昨年度の香港は世界第4位)香港はめでたく(⁉)トップ3に“返り咲いた”と言うことになるのですが、どのシンクタンクの査定でもやはりそれなりの高位置(高評価)を得ているようです。

詳しくはCCM香港HP
今年は何位?香港の国際金融センターの順位

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本 ,

  関連記事

no image
中国現地法人駐在者への給与送金について

日本本社として中国で現地法人子会社などを構えた際、先ず念頭に置かなくてはならない …

no image
コーポレートトレジャリーセンターから法人税率半額に至る香港の事情

香港は海外に対して非常に低い法人税率や所得税率を提供し、かつ様々な環境要素を整え …

no image
今後の香港ビジネスの描き方

昨今の香港情勢を鑑みると、企業の経営サイドとして判断に困難を伴うと見るのが一般的 …

no image
香港上場(IPO)手法の中に見られる『裏口上場』とは?

上場起債額が世界でトップと言える香港。上場先はメインボードとGEMボードの二つに …

no image
人口減少?統計数字は香港の「現状」を如何に語るのか?

香港が“自由でなくなって“から数年の年月が流れました。日本などの外国からこの状況 …

no image
宗主国派と旧宗主国派、“2極に分かれる“香港

2020年の「香港国家安全維持法」の施行から既に1年以上が経過することになりまし …

no image
市民の大移動?英国海外市民旅券の呼ぶ“波紋“

英国が受付を開始した香港市民に対する特別ビザである「英国海外市民旅券(BNO)」 …

no image
恒久的施設(PE)認定課税とは?

日頃、余り目にする事は無いテーマなのかも知れませんが、国際ビジネス展開をされる企 …

no image
香港法人も巻き込まれる?中国における“商業賄賂”問題

一般的な見方として中国と言う国を捉えた時に『商業賄賂』と言う言葉を並べると違和感 …

日本国の租税条約ネットワーク
日本国の租税条約ネットワーク

日本国の租税条約ネットワーク 日本は2015年現在、世界90か国・地域と二国間租 …