CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

年末に迫る、「国外財産調書」提出の準備を貴方はどう捉えるか?

平成24年度の税制改正の際に適正な課税・徴収の確保を図る観点から、国外で取得した財産の定期的な申告を促す制度である「国外財産調書制度」が導入されてから早くも5年が経過しようとしています。今年1年の結果発表はまだ現時点では分かりませんが、直近年度までの結果観測に目を移すと、少しずつではありますが、徐々にこの制度が日本の富裕層等に浸透して来ている感がします。

香港やシンガポールと言う軽課税地域や国と言うのは国外財産が集まる“温床”とも見られるフシがありますので、それらの場所を経由して投資や財産形成を行う資産家の方々はこの制度が持つ危険性を決して軽視する訳ではありません。

今回はこの制度の骨子と提出件数から徴税に対する当局のコミットメントと富裕層の温度感について考察します。

詳しくはCCM香港HP
「国外財産調書」に対する国税の真剣度と民間の『意識差』

 - お役立ち情報, 国際税務, 日本, 税金・税務 , ,

  関連記事

no image
政府機関が宣伝する香港の魅力とは?

ビジネス誘致と言う視点で政府機関の一部として公式に香港のプロモーションを行なって …

no image
2015年香港経済から見る2016年の動き

どこの国でも同じ事ですが、毎年1度、その国の経済活動を表す指標なり数値が統計とし …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(2)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

no image
香港と世界のジョブマーケットのトレンド

香港と言う地域は人材の流動性と言うものが日本の想像を超えたスピードで展開している …

no image
【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー2

ゴーン容疑者の拘留はとうとう10日を過ぎました。今やこの事件は日本やフランスのみ …

no image
香港会社法 一部改正のお知らせ

香港の会社の制度を決めている機関と言うのはCompany Registryと言わ …

no image
香港法人の「閉鎖」について

事業に拡大や縮小と言う目的の中には「設立」や「進出」と言う視点もある反面、「清算 …

no image
タックスヘイブン税制での裁判事例とは?

「タックスヘイブン税制」とは、正式名称として「外国子会社合算税制」の事を言います …

bitcoin
仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー1

日本国の税法では、ビットコインやイーサリアム、リップルをはじめとする仮想通貨(暗 …

no image
【 路線価から見る国内税額トレンド 】

相続税や法人税、或いは所得税と言った各種税額の算定には、時価評価額に触れる部分が …