CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

9月に迫る香港の「立法会「選挙の行方」

2020年5月に開幕した全人代で可決承認されることとなった『中国国家安全法』。

これ語るのは状況が状況ゆえむしろ陳腐なトーンにすらなりますが、この法律は香港が今まで享受していた「自由」と言うものの概念を根本から揺るがし兼ねないような一大事に相当する水準の出来事であることは間違いありません。

一般的には香港の法律である基本法を中国が被せる形(呑み込む)でこの国家安全法を導入したと言うことで、香港人が持っていた基本的人権を呑み込んでしまったと言う論点で炎上している感はありますが、一方で中国政府側が(世界中の自由諸国から)徹底的な非難を浴びてまでこれを強行している“背景“というものに触れる論評も余り存在していないのも事実です。つまり、この『国家安全法』と言うのは中国が香港で行われる次の選挙、所謂「立法会」選挙を想定して打った布石であったという事なのです。

本稿ではこの「立法会」そのものの役割をお浚(さら)いし、同時にこの選挙を巡る中国の“恐れ“について考察します。

詳しくはCCM香港HP
香港の「立法会」の結果がどのような影響を及ぼすのか?

 - お役立ち情報, ニュース, 中国, 政策, 現地事情, 生活, 香港生活情報 , , ,

  関連記事

no image
【 香港の労働基準 】

香港への(事業)進出形態は多岐に分かれておりますので特定は出来ませんが、こと実業 …

IMG_5546.JPG
日本福岡県発の香港新ビジネスを利用しています

今月からCCM香港のオフィスでは、レンタルフラワーのサービスを利用し始めました。 …

no image
【2カ国で課税?日本と香港の双方の居住者となる場合】

香港では、1(課税)年度に180日以上、又は連続する2(課税)年度において300 …

Hong_Kong
香港-2016年のGDP成長率は?

欧米系銀行を筆頭とした香港の金融機関の来年の香港GDP見通しは、一様に悲観的なも …

no image
香港政府の防疫措置の延長及び一部強化の情報

2020年12月15日時点の香港・マカオへの渡航制限、防疫措置情報です。 202 …

no image
香港法人も巻き込まれる?中国における“商業賄賂”問題

一般的な見方として中国と言う国を捉えた時に『商業賄賂』と言う言葉を並べると違和感 …

no image
本社と海外子会社の間にある“溝”

昨今、『海外進出』の際の問題点の中には海外子会社に於ける危機管理対応があります。 …

no image
ジョイントアカウント(共同口座)を保有している際の課税とは? -1

日頃、弊社に寄せられる問い合わせの中には様々なものがあります。 主流としてはやは …

no image
あれから3年…「パナマ文書」と香港

2016年、香港のみならず世界中の人々を震撼させた「パナマ文書」。あの時の巨大な …

no image
日本の生命保険に関する税法上の違いとは?

昨今では国を跨る様々な法的規制の整備や商品提供を行う側の商業的な目的が優先されて …