CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

海外進出企業の共通する悩み事について

企業のサイズを問わず、相談事と言うのはまさに絶える事がありません。一つの問題を解決したと思ったら、また直ぐに違う問題が発生すると言うのは日常茶飯事の事であり、窓口としてその任を担う方々にとっては、よい解決策がないかどうかとお悩みの方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

事実、弊社が(今まで)経験したり遭遇したりしたケースなどから推察させて頂くと、お客様(法人・個人とも)が求められていらっしゃる部分の多くは案件そのものが複数国間(例:日本−香港−中国など)を跨がっているようなケースです。

こうした事をそのまま野放しにしてしまうと、将来、お客様はより大きな問題に発展してしまうと言う危険を内包するだけでなく、同時にこうした案件に対して「質」と「量」の両面から一手に引き受けられる業者の数も”著しく低い”と言わざるを得ないのが正直なところでもあります。

実際のところ、こうした部分で本来信頼されるべきポジションである税理士(国内)などの多くは、驚くべき事に国際税務上の実務経験やロジックなどに精通されている方々は余りいないとのこと。また、彼らは人的な面でも国際的なネットワークも持っていらっしゃる方が多くいるとは言いがたい状況です。そうした”実体”を鑑みると、むしろ相談を持ち掛ける側の方が大きな意識改革を持つ必要があると言わざるを得ません。

従ってそう言う部分に関連する質問や相談をお客様から持ち掛けられたりすると、あれこれ聞いた挙句に最終的には”進出を見なおしたほうがいいのでは••”と言う形で帰結するパターンが頻発してしまうのは否めません(勿論、例外のケースはございます)。

弊社も(その設立から現在に至る過程の中で)ご相談を受けた多くのケースにおいて如何にご満足頂けるようなサービスを提供出来るかを考えて参りました。またその為に具体的なプロフェッショナルチームの組成力を研鑽するなど、然るべき投資を行って来ております。

もし、こうした部分に於いて、今現在悩みを持つ方々がいらっしゃるようで御座いましたら、是非一度、弊社までお問い合わせをして頂ければ幸いでございます。

以上、CCM香港では複数国間に跨がる業務上の課題点や問題点などについてのご相談も承っておりますのでご連絡お待ち申し上げております。

お問い合わせフォームはこちら
http://www.ccm.com.hk/contact/index.html

 - お役立ち情報, 設立, 香港法人

  関連記事

no image
香港 – 2014年度 IPO資金調達額で世界第2位に

Big4の一角であるアーンスト&ヤング会計事務所の報告によれば、2014年、香港 …

no image
中国における短期滞在者免除とは?

国際税法に触れるとその中で必ず出て来るものの内の一つに出張者の滞在日数を巡る部分 …

no image
【APAとは何のことか?】

“APA”と呼ばれるスタンスが海外拠点を持つ企業の間では …

no image
米国の法人税率引き下げがオフショア市場に与える影響

アメリカのトランプ大統領が自国の法人税率を20%まで引き下げと言う、大統領選キャ …

no image
仮想通貨をめぐる税務問題について

話題としては頻繁に出て来る「仮想通貨」ではありますが、一般市民にとって実際にビッ …

no image
香港における慈善機構の設立について

香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別途 …

no image
公示価格から見た地価の動向

今から約2ヶ月前の3月21日、国土交通省から国内の地価公示価格が発表されました。 …

no image
タックスヘイブン地域にない海外子会社にタックスヘイブン対策税制が適用されてしまったら

「タックスヘイブン対策税制」が該当される際にはその定義として税率が①20%未満の …

no image
海外法人設立個別相談会(無料) 東京銀座にて開催いたします

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
今更聞けない香港のビジネス基礎事項⑧~会計基準および会計制度

香港の会計制度は、基本的に国際会計基準(IAS)を準用しています。 この準用した …