CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【マイナンバー法案改正から見える未来】

マイナンバー法案改正によって、銀行預金口座にまでこの番号を紐付けて行くことが決定しました。

国や自治体などが税金や各種保障に関する個人情報管理の為に使うと言う目的で来年早々から導入されるこの制度ではありますが、これを2018年にはとうとう(”任意”と言う括りがあるとは言え)個々が持つ預金口座にも適用を始めると言うのです。

しかしながら国が最終的に目指すターゲットと言うものは、麻生財務相の考えを聞くまでもなく、2021年の段階でこの制度を『完全義務化』にするのが狙いであり当然そこには国民の同意などが入り込む余地などありません。つまりこれは、最早この法案自体が政府・国税などの間では『既定路線』となってしまっているのかも知れません。

実際、最近の国内の流れを見て行きますと、些か”奇妙”とすら思えるような動きが所々に散見されます。

この制度の導入もその一つの例ですし、(先般弊社でもご案内させて頂きました)『預金封鎖』なる戦後の政策に関する特集番組の放送を何とあのNHKが行うと言う流れ…。そしてこれらの”奇妙さ”の中には、ある種の”共通のメッセージ”が内包されているかのようにも思えます。

よく日本は”資本主義と言う仮面を被った社会主義国家”と言われますが、上記ような国民総背番号制や(偶然とは言い難い)極端な戦後政策の番組放映などの経緯や意図を推察しますと、結局将来のある時点で『国民全体責任論』へとすり替えさせる為の土壌作り(包囲網作り)なのではないかと考えることすら出来ます。

こうした国の描く行く末を考えますと、個人の資産管理ひとつ取っても、余程の覚悟を持って将来に備えて行かなくては早晩霧消してしまう可能性は否定できません。 何故なら、それを行う為に残された時間と言うのは、国民が思うスピードより遥かに早いペースで狭まって来ているのです。

果たして皆さんはこうした事象をどう思われますか?

【預金口座にもマイナンバー 18年から任意で 閣議決定 ( nikkei.com 3/10 )】
http://www.nikkei.com/money/features/69.aspx?g=DGXLASFS10H0Q_10032015EAF000

 - 日本, 税金・税務 , , , ,

  関連記事

no image
【平成27年度税制改正大綱~まとめ】

昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて …

no image
タックスヘイブン地域にない海外子会社にタックスヘイブン対策税制が適用されてしまったら

「タックスヘイブン対策税制」が該当される際にはその定義として税率が①20%未満の …

no image
口座自動情報交換制度の延期はあり得るか?

2017年及び2018年と言うのは税務を司る方々にとって非常に重要な年になる可能 …

no image
平成31年度の税制改正概要について-2

毎年の恒例行事でもありますが、昨年の12月、与党による次年度(平成31年)の税制 …

no image
「納税管理人」の概要と手続きについて

駐在を行うとそれなりの期間、日本の制度の諸々から離れることを意味します。その期間 …

150121110315_0
マイナンバー制度施行で自治体パンクの顛末

ネットや新聞・雑誌などでも既に報道されていますが、事前から懸念されていたマイナン …

no image
香港進出日系企業はどう言う会社?

アジアの歴史に触れる機会を得られた方々にとっては、”英国と香港”、また”中国と香 …

nohara_b2poster_image
『野原邦彦 ステキな時間』の入場券プレゼント企画!!

木彫界のファンタジスタ 野原邦彦 ステキな時間 上野の森美術館で2017年12月 …

no image
「パートナーシップ」という進出形態について(香港進出)

前回は香港に於いて個人での事業進出を行う場合のメリットやデメリットにフォーカスを …

no image
香港の資産も詳細申告が必要?『国外財産調書』の提出状況

香港やシンガポールと言った、俗にいう“タックスヘイブン地域・国”に資産を持つ日本 …