CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【HSBC口座を確実に開設するには…】

HSBCでの銀行口座開設の難易度に対してご心配をされる方々が昨今では多いのですが、CCM香港としてはお客様に”しっかりとした準備を行えさえすれば、個人・法人共に開設をする事は十分可能です”とお伝えしております。

ではその”しっかりした”準備とは具体的には一体何でしょうか?

◆法人口座の場合
HSBCからの質問としては、
1)(日本で)海外進出を行う為の事業母体があるかどうか?
2)どのような目的で海外(香港や他の地域)に進出を行うのか?
3)どの程度の規模のビジネスが見込め、そして口座使用頻度がどの程度になるのか?
と言った質問が頻繁に出されて参ります。

こうした質問の根底にある『考え方』と言うのは、要するにビジネス自体がしっかりと存在し、(資金洗浄などの)国際犯罪に絡むようなものでない事の確認作業となる訳です。この為それらを客観的に証明出来る物的証拠の提出が不可欠となって来ます。

ちなみに1)であれば会社のパンフレットやホームページ、履歴事項全部証明書などであり、2)でしあれば『契約書』や『請求書・領収書』、3)であれば国内の銀行通帳(法人口座)の写しなどを提出する事で対応します。

◆個人口座の場合
これも法人のそれと(基本的な)考え方は同じです。
つまり、銀行側が確認したい事と言うのは、ご本人様の
1)本人(自身であると言う)確認の為の身分証明書
2)日本で実際にその場所に生活をしているかどうかを確認する為の住所証明書(通信が随時可能であるかどうかの確認)
3)香港で銀行口座を開く理由

これらを証明する書類関係としては、1)であればパスポート、2)であれば運転免許証やその方の名前が宛先として載っている公共料金請求書、そして3)であれば、香港を利用した金融商品などの購入・運用などの実績、となって参ります。

確かにこれら以外の部分、例えば外国語(英語や中国語)での受け答えと言うところで多少の難点は(日本の方々のケースですと)予見されますが、それとて簡潔に返答する事を事前に練習し、上記のような物的証拠を提出して行く事で(ご希望通りに)口座開設に至る方々は 沢山いらっしゃいます。

従って、この様な準備さえ行えば、” 必要以上に ” 面談に対して神経質になる事はないとお考え頂いても良いと思います。

 - HSBC, 海外銀行情報

  関連記事

HSBC00
【銀行口座を取るのか、或いは銀行口座の”機能”を取るのか?】

既に巷を騒がしております英銀HSBCホールディングス・プライベートバンキング部門 …

no image
HSBC法人口座を利用しないと発生する手数料

弊社で法人をお預かりしているお客様宛てに、HSBCから様々な手紙が送られてきます …

no image
適用間近となる非居住者口座情報の自動交換制度

非居住者口座情報自動交換制度が始まります。この制度の“適用対象者”と言うのは自国 …

no image
2016年、大きく変化した銀行口座模様

2016年もあともう数日を残すばかりとなりました。弊社のような海外法人設立を行な …

no image
HSBC法人クレジットカードが切替えに

HSBCで法人口座を開設すると法人用クレジットカードの申請も可能です。 経費の精 …

HSBC_Tower ロンドン本社
HSBC CEOが発表した「大きな決断」

世界最大の金融グループのひとつであるHSBCホールディングス。 CEOであるスチ …

no image
HSBC ATMカードを海外で利用するには

2013年3月1日以降海外でATMカードを利用するには、海外利用の設定が必要にな …

IMG_5449.JPG
Interactive Brokers香港で法人口座開設

Interactive Brokers香港でセーシェル法人の投資口座を開設 日本 …

no image
銀行口座開設及び維持に問題が発生した時のために

今まで香港は銀行口座を開設する場所としては”世界で最も便利な地域の1 …

no image
海外で銀行口座開設を行う際に心掛けて欲しいこと1

香港やシンガポールだけでなく、“タックスヘイブン”と称される低課税地域や国での銀 …