CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・活用するための最新情報

【銀行口座を取るのか、或いは銀行口座の”機能”を取るのか?】

既に巷を騒がしております英銀HSBCホールディングス・プライベートバンキング部門(在スイス)から出たスキャンダルは、早々にここ香港でも影響が出始めて参りました。フランス、英国などの各国新聞社(仏ルモンド、英ガーディアンなど)及びICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が公表した内容は、今や世界第2位と言われる資産規模を誇る、このHSBCの屋台骨を大きく揺さぶってしまうかのようです。

弊社も日々、お客様から海外法人設立に関しての問合わせを承っておりますが、当然それらには法人口座開設のサポート部分が入って参ります。

そうした中で往々にして感じますのは、(日本からお見えになられる)お客様のご認識と、香港での口座開設担当者のスタンスの明確な差です。上記のようなスキャンダルもあり、同行の審査は今後益々厳しさを増して来ることは予見されますゆえ、弊社としましても銀行口座開設希望のお客様に対しては、より一層の準備の大切さをご案内する次第でございます。

他方、会社の”口座”と言う発想そのものにメスを入れる方々も昨今では増えて参りました。つまり、”銀行内に作る口座”でなかったとしても、口座機能の一部(入出金&マルチカレンシー対応)を装備すればOKだという考えを持たれるお客様です。

そしてそう言うお客様のご要望を叶えるサービスが、下記添付で案内しております、『iAccount』の設定。

これは日本国内在住のお客様にとっては、まさに福音と言えるものになるかも知れません。 何故ならば、口座開設に関して煩わしいと思われるような部分(口座開設用の資料準備や理論武装)や語学(英語)と言うウィークポイントに対して準備の必要が全く無く、更には渡航すらする事なく海外法人設立と口座機能を両方を獲得出来るサービスだからです。
ご興味がおありのお客様は是非ご一考ください。

◇渡航不要海外法人設立サービス◇

 - HSBC, 海外銀行情報 , , ,

  関連記事

no image
HSBC法人クレジットカードが切替えに

HSBCで法人口座を開設すると法人用クレジットカードの申請も可能です。 経費の精 …

no image
HSBCが下した英国残留までの経緯と要因

昨年の春先からおおよそ一年もの間、世界の銀行間でひとつの大きなトピックとなってい …

HSBC口座預金を相続するには?

香港において何らかの資産をお持ちの方が亡くなった場合、亡くなられたのが香港である …

no image
【”638億ドル”と言う金額の意味】

先月の話になりますが、香港の財政長官である曽俊華(ジョン・ツァン)氏は2015/ …

HSBC00
“難民化”しつつある、昨今の銀行口座開設希望者事情

既にこのCCM香港のコラムでも何回にも渡って昨今の香港での銀行口座開設事情の変化 …

no image
いよいよ狭まって来た(?)オフショア口座開設の状況 ~シンガポール~

アジアで香港と並ぶ人気マーケットと言えば、一にも二にもシンガポールが挙げられます …

no image
FATCAとHSBC

FATCA…日本の皆様にとってはひょっとしたら聞き慣れない言葉かも知 …

no image
HSBC法人口座を利用しないと発生する手数料

弊社で法人をお預かりしているお客様宛てに、HSBCから様々な手紙が送られてきます …

HSBC_Tower ロンドン本社
HSBC CEOが発表した「大きな決断」

世界最大の金融グループのひとつであるHSBCホールディングス。 CEOであるスチ …

HSBC Valletta Branch

マルタ島で見かけたHSBCバレッタ支店。 HSBC香港のATMカードでユーロを引 …