CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【銀行口座を取るのか、或いは銀行口座の”機能”を取るのか?】

既に巷を騒がしております英銀HSBCホールディングス・プライベートバンキング部門(在スイス)から出たスキャンダルは、早々にここ香港でも影響が出始めて参りました。フランス、英国などの各国新聞社(仏ルモンド、英ガーディアンなど)及びICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が公表した内容は、今や世界第2位と言われる資産規模を誇る、このHSBCの屋台骨を大きく揺さぶってしまうかのようです。

弊社も日々、お客様から海外法人設立に関しての問合わせを承っておりますが、当然それらには法人口座開設のサポート部分が入って参ります。

そうした中で往々にして感じますのは、(日本からお見えになられる)お客様のご認識と、香港での口座開設担当者のスタンスの明確な差です。上記のようなスキャンダルもあり、同行の審査は今後益々厳しさを増して来ることは予見されますゆえ、弊社としましても銀行口座開設希望のお客様に対しては、より一層の準備の大切さをご案内する次第でございます。

他方、会社の”口座”と言う発想そのものにメスを入れる方々も昨今では増えて参りました。つまり、”銀行内に作る口座”でなかったとしても、口座機能の一部(入出金&マルチカレンシー対応)を装備すればOKだという考えを持たれるお客様です。

そしてそう言うお客様のご要望を叶えるサービスが、下記添付で案内しております、『iAccount』の設定。

これは日本国内在住のお客様にとっては、まさに福音と言えるものになるかも知れません。 何故ならば、口座開設に関して煩わしいと思われるような部分(口座開設用の資料準備や理論武装)や語学(英語)と言うウィークポイントに対して準備の必要が全く無く、更には渡航すらする事なく海外法人設立と口座機能を両方を獲得出来るサービスだからです。
ご興味がおありのお客様は是非ご一考ください。

◇渡航不要海外法人設立サービス◇

 - HSBC, 海外銀行情報 , , ,

  関連記事

no image
HSBCが下した英国残留までの経緯と要因

昨年の春先からおおよそ一年もの間、世界の銀行間でひとつの大きなトピックとなってい …

no image
いよいよ狭まって来た(?)オフショア口座開設の状況 ~シンガポール~

アジアで香港と並ぶ人気マーケットと言えば、一にも二にもシンガポールが挙げられます …

no image
シャドーバンキングに走る香港の住宅購入者

数ある香港の特色を挙げると、その中には必ず世界的に(悪評で知られる)高額な不動産 …

no image
【HSBC口座を確実に開設するには…】

HSBCでの銀行口座開設の難易度に対してご心配をされる方々が昨今では多いのですが …

no image
2016年、大きく変化した銀行口座模様

2016年もあともう数日を残すばかりとなりました。弊社のような海外法人設立を行な …

no image
HSBC ATMカードを海外で利用するには

2013年3月1日以降海外でATMカードを利用するには、海外利用の設定が必要にな …

国外送金等調書の提出枚数の推移
HSBC香港との国外送金も対象。国外送金等調書とは?

国外送金等調書はどれほど提出されているのでしょうか? 『国外送金等調書』と言う調 …

no image
海外で銀行口座開設を行う際に心掛けて欲しいこと2

香港やシンガポールだけでなく、“タックスヘイブン”と称される低課税地域や国での銀 …

no image
海外FX口座と香港法人

香港を中心として中国などへのビジネスコンサルを生業としております弊社には上記のよ …

渡航不要口座開設
【渡航不要!香港で法人口座を開設する方法】

CCM香港では日本に居ながら海外法人を設立し、日本語サポートが受けられる法人口座 …