CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

中小企業の海外進出をシンプルにサポート

中小企業の海外進出をシンプルにサポート
100社からのお問い合わせは100通りの答えを。

 

gatag-00011616

CCM香港の香港法人設立、オフショア法人設立サポートには、日々様々な海外進出のお問い合わせを頂いております。

その内容は『一つとして同じケースがない』と言って良いほど、ご相談の数だけビジネスや法人設立の目的が違います。

例えば、香港法人設立と言っても、その活用方法は企業様により、ペーパーカンパニーとしてローコストで拠点を置きたいケースや、事務所を開設して香港拠点を立ち上げたいケース、香港のビザを取得す出来る法人を設立が目的であったり、ショッピングセンターに日本ブランドとして出店する為であったりします。(ほんの一例です)

気になる事と言えば、実際に香港に法人を所有するという事は香港人スタッフを雇用しなければならないのか?代表取締役は誰にするのが良いのか?駐在員を置かなければならないのか?年間の費用はどれぐらい掛かるのか?法人税はどれぐらい納めなければならないのか?もし事業が上手くいかない時はすぐに撤退する事は可能なのか?

BVI法人、ベリーズ法人、セーシェル法人、サモア法人などのオフショア法人の設立はどうすればいいのか?どこの国が良いのか?自分の事業に合わせた活用が出来るのか?その国に手続きをしに行く必要はあるのか?

自分のビジネスには香港法人がいいのかオフショア法人でもいいのか?

HSBC香港の法人口座は開設が難しいとネットの情報で見たが、もう開設出来ないのか?

など海外の事になると判断基準がなく、実際どうするのが良いのか、依頼する手続きについてもわからない事ばかり。

でも日本から海外に進出・海外に会社を設立したい。(これまた理由は事業拡大、海外投資、節税目的など理由は様々)
しかし、海外の事になると税理士相談しても的確な回答を得られない。誰に相談すればいいのか・・・。

そこで社長さんは足踏みをしていませんか?

海外進出のサポートのCCM香港では無料海外法人設立オンラインセミナーや、日本での個別相談会、いつでも海外法人設立のコンサルティングを受けられる電話相談を行っております。

お気軽に海外進出のご相談を頂ければ、過去の事例を踏まえてどのような形で法人を設立、進出するのが良いかをアドバイス致します。

CCM香港の海外法人サポート内容はこちらをご覧ください。

 

 - 海外法人(オフショア法人), 設立, 香港法人 , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
香港での就労ビザ取得について

駐在員として香港に訪れる場合、当然のことながら香港での就労ビザの獲得は必要となり …

no image
香港新会社法

■概要 すべての香港法人が運営していくための法律根拠となる香港会社法(香港法第3 …

seminar_img
海外法人設立+仮想通貨オンラインセミナー 3/22(木)開催

前半(20:00~20:30)は、香港法人設立に関するセミナーを行います。 日本 …

no image
香港の年金=強制積立金制度について

香港で就業という事由が発生すると起業主は自分の従業員の為にいくつかの強制制度に加 …

no image
海外駐在期間が短縮された場合と延長になった場合の対応

駐在の期間変更と言うのは時と場合によって発生する可能性があります。例えば当初、一 …

no image
外国子会社配当益金不算入制度を巡る幾つかの論点

香港やシンガポールなどの軽課税地域・国に現地法人などを持つと、そこで上がった利益 …

3d people - man, people push up word "tax"
【香港ワンポイント -香港法人に日本の税金?】

【 質問 】 日本法人や日本の居住者が株主となっている香港法人の所得について、日 …

no image
「納税管理人」の概要と手続きについて

駐在を行うとそれなりの期間、日本の制度の諸々から離れることを意味します。その期間 …

no image
香港の法人税が免除されるオフショア所得のメリット

香港法人設立を行う際のメリットと言う部分で税率(法人税16.5%)が低いと言う事 …

banner_meeting
2020年1月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …