CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

中小企業の海外進出をシンプルにサポート

中小企業の海外進出をシンプルにサポート
100社からのお問い合わせは100通りの答えを。

 

gatag-00011616

CCM香港の香港法人設立、オフショア法人設立サポートには、日々様々な海外進出のお問い合わせを頂いております。

その内容は『一つとして同じケースがない』と言って良いほど、ご相談の数だけビジネスや法人設立の目的が違います。

例えば、香港法人設立と言っても、その活用方法は企業様により、ペーパーカンパニーとしてローコストで拠点を置きたいケースや、事務所を開設して香港拠点を立ち上げたいケース、香港のビザを取得す出来る法人を設立が目的であったり、ショッピングセンターに日本ブランドとして出店する為であったりします。(ほんの一例です)

気になる事と言えば、実際に香港に法人を所有するという事は香港人スタッフを雇用しなければならないのか?代表取締役は誰にするのが良いのか?駐在員を置かなければならないのか?年間の費用はどれぐらい掛かるのか?法人税はどれぐらい納めなければならないのか?もし事業が上手くいかない時はすぐに撤退する事は可能なのか?

BVI法人、ベリーズ法人、セーシェル法人、サモア法人などのオフショア法人の設立はどうすればいいのか?どこの国が良いのか?自分の事業に合わせた活用が出来るのか?その国に手続きをしに行く必要はあるのか?

自分のビジネスには香港法人がいいのかオフショア法人でもいいのか?

HSBC香港の法人口座は開設が難しいとネットの情報で見たが、もう開設出来ないのか?

など海外の事になると判断基準がなく、実際どうするのが良いのか、依頼する手続きについてもわからない事ばかり。

でも日本から海外に進出・海外に会社を設立したい。(これまた理由は事業拡大、海外投資、節税目的など理由は様々)
しかし、海外の事になると税理士相談しても的確な回答を得られない。誰に相談すればいいのか・・・。

そこで社長さんは足踏みをしていませんか?

海外進出のサポートのCCM香港では無料海外法人設立オンラインセミナーや、日本での個別相談会、いつでも海外法人設立のコンサルティングを受けられる電話相談を行っております。

お気軽に海外進出のご相談を頂ければ、過去の事例を踏まえてどのような形で法人を設立、進出するのが良いかをアドバイス致します。

CCM香港の海外法人サポート内容はこちらをご覧ください。

 

 - 海外法人(オフショア法人), 設立, 香港法人 , , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
【香港の会計士の数を構成する理由とは?】

香港の公認会計士協会に登録している公認会計士の数は3万人を超えています(2015 …

banner_meeting
2020年1月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
香港法人を休眠会社化する為に必要な事

海外進出の為に香港に会社を設立したのは良いですが、その後、思い描いていたような事 …

no image
移転価格視点とロイヤルティー視点が重要となる香港

香港はアジアに置いて日本に一番近いタックスヘイブン地域であり、ここに進出する日系 …

no image
海外進出の際におさえて置きたい基本的なポイント

企業にとって『海外進出を行う』ことと言うのは大きなビジネスチャンスを獲得する可能 …

no image
海外信託を使用すると言うこと1

「ウェルスマネジメント」を考えた際、使用できる方法と言うのは様々です。PB(プラ …

no image
改めて考える香港ビジネス、「進出」か「撤退」か?「継続」か「精算」か?

ここ1年の香港市場に関する企業の判断と言うのは残念な事に概ね“後ろ向き“であると …

no image
香港に於けるM&Aの可能性を模索する-1

上場企業が定期的に発行を義務付けられている有価証券報告書を見て行くと、その中で「 …

banner_meeting
【2016年2月】香港法人・オフショア法人設立 個別相談会 東京銀座にて開催

CCM香港では定期的に香港法人設立、オフショア法人設立の為の個別相談会を開催して …

no image
やはり気をつけなくてはならないPE認定

以前も取り上げたテーマの内にPE(恒久的施設)認定課税と言われるものがあります。 …