CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港での就労ビザ取得について

駐在員として香港に訪れる場合、当然のことながら香港での就労ビザの獲得は必要となります。中には出張ベースで月の内に1週間留まるなどして仕事をこなして行く方も居ますが、腰を据えて市場を開拓して行くとなると、「滞在日数」と言うものは絶対的に必要なもののひとつであることを否定出来る人は余り居ないでしょう。

では香港の就労ビザ取得のための環境と言うのは昨今どのようになっているのでしょうか?外国人に対するビザ発行と言うものはやはり景気に左右される部分が非常に大きく、昨今の香港の経済事情を鑑みますと“年々厳しさを増している”と言わざるを得ません。何故ならば景気後退と言う中で自国の人間より外国の求職者を優先することなどは常識的にはあり得ず、香港でもそう言った局面ゆえ、就労ビザ発行の本数は減少傾向にあると言えます。

今回は香港で就業可能なビザ及びその状況や基準等を中心としてご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港HP
就労ビザ取得から永久ビザ獲得までのあれこれ

 - 就労ビザ, 香港法人 , ,

  関連記事

no image
香港の『年金』= (強制積立金)とは?

弊社で毎月提供しているオンラインセミナーなどでも毎回のように触れるものの中には香 …

no image
国が違えば選ぶ傾向も違う?日本と中華圏(香港&中国)の投資について-1

昨今、日本自身が“クールジャパン”と言う動きを官民で行なって来たこと等も影響を与 …

HK_Immigration_Logo.svg
香港就労ビザ取得の必要性

香港にて短期商用活動を行う際の就労ビザ取得に関する注意喚起 香港では、「訪問ビザ …

no image
JETRO分析資料からみた香港における「スタートアップ」事業の近況

定期的なリサーチ資料として各産業界からも重宝されているJETRO(ジェトロ/日本 …

ccm_soudankai_201704
4月の法人設立個別相談会、2会場で開催します!

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
中国で日本人の現地採用を行う場合の対処とは?

海外進出を行うとどの会社も現地人を優先して雇うケースと、現地で生活をしている日本 …

prof150x150
香港ビジネス活用術ウェビナー 12/12(水)開催

今年最後の無料ウェビナーの開催日が決定いたしましたので、お知らせいたします。 今 …

no image
これを知らないと大変?香港の雇用条例で気をつける点

古今東西、如何なる国やコミュニティーであってもそこには会社と(会社で働く)従業員 …

no image
税制改正大綱の中に組み込まれたタックスヘイブン税制について(2)

企業の最終目的が中国やアジアと言った巨大市場での事業面であった場合、香港を活用す …

no image
中国の『圧力』と大手外資企業の判断

香港で継続的に発生しているデモによる社会不安は当地に進出を行っている外資企業、特 …