CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港の大胆な挑戦:「スマートシティ」への転身に成功できるか?

約6年前、当時の香港行政長官であったCY Leungが「スマートシティイニシアティブ」と銘打ち、香港をデジタルイノベーションに満ちた超近代都市へと変貌させるプロジェクトを発表しました。当初、このプロジェクトは一般的には何か「つかみどころのない」ものと見なされていましたが、2023年になり、ChatGPTなどのAIの急速な発展を目撃する中で、その影響が市民にとっても実感されるようになりました。

今後の課題は都市全体をデジタル化し、新たなテクノロジーであるAIやDXなどを駆使して、これまで見過ごされていた機能面の課題に対処することです。果たして香港政府が描く「未来図」は、どのようなIT技術を導入して実現されるのか、その詳細を探ります。香港の「スマートシティ化」について、その概要を追求してみましょう。

詳しくはCCM香港HP
香港政府の野心:”スマートシティ”への進化、その準備は整っているか?

 - サービス, 生活, 香港 , , , , ,

  関連記事

no image
林鄭月娥(Carrie Lam)前香港行政長官の5年

香港における今年の“大きな転換“と言うのは、(少なくとも形上では)当地の行政長官 …

no image
香港で証券市場の特色について

香港は『国際金融センター』として世界に対してその地位を確立していると言えます。 …

no image
香港でヘルパー(家政婦)を雇う際に…

日本と違い、香港ではかなりの数の家庭でヘルパー(家政婦、メイド、アマさん、お手伝 …

no image
それでも中国は香港に“手を出せない”

9月に入り香港の行政長官であるキャリー・ラムが全面的に「逃亡犯条例」を撤回したに …

no image
2つの「特別行政区」、香港と澳門について

日本から香港に渡航される方々の中にはマカオ(澳門)を“セット”にして訪れるような …

no image
香港の生活を“支える”外国人メイドについて

香港で一度でも生活をした経験がある方であれば、この地がまさにアジアのメルティング …

no image
予想以上に根深いのか?『国家安全維持法』の締め付け

香港市民と中国の関係が決定的に転換した出来事と言うのは(このBlogでも何度も取 …

no image
刷新される香港ID

日本の方々にとってはパスポートの他に自分自身のことを他人に証明する書類として一般 …

no image
「香港国家安全維持法」可決から見えて来る中国の“方向転換“

今回のタイトルにあるように、ここ数年、中国が香港に対して“牙を剥いた“一連の出来 …

no image
中国と英国、「香港」を巡る“駆引き“

中国が昨年の6月30日に香港に対して制定した「国家安全維持法」(以下、“国安法“ …