アクレダ銀行(ACLEDA BANK PLC)とは

郵送のみで簡単米ドル口座開設、高金利の定期預金。

カンボジアにある商業銀行のひとつであるアクレダ銀行(Acleda Bank)は、1993年に国連開発計画(UNDPと国際労働機関(ILO)による所得向上及び、雇用創出の為のプロジェクトとして、中小零細企業を支援する非政府組織(NGO)として設立されました。

2000年10月に専門銀行に移行し、2003年12月には本格的な商業銀行としての免許を取得しました。 その後、カンボジア最大の銀行として、税引後利益、支店数、ローンポートフォリオ、貯蓄、払込資本金、総資産など全てにおいてマーケットリーダーの地位を保持しています。

日本企業からも
三井住友銀行:18.25%
オリックス:12.25%
などが出資しています。

JCBも加盟店の業務提携を結んでおり、アクレダ銀行JCBデビットカードや、VISAデビットカードの発行も可能です。

また、カンボジアは流通通貨が米ドルのため普通預金や定期預金を「米ドル建て」でおこなうことができるのが大変魅力となっています。

郵送のみで米ドル口座開設

日本からパスポートと申込書の郵送
のみで口座開設できます。

高金利な米ドル定期預金

1ヶ月:0.75%、6ヶ月:3%
12ヶ月:4.75%、60ヶ月:6.50%

デビットカード発行

普段のお買い物やATMで現地通貨の引き出しにも使えて便利なVISAデビットカードが発行できます。

三井住友銀行が株式保有

2015年8月には、日本の三井住友銀行が
追加で株式取得を実施し
18.25%となりました。

日本から郵送のみで米ドル口座が開設できる

口座開設で有名な香港、シンガポールなど、OECD加盟国の銀行口座開設は年々難しくなる中で、アクレダ銀行は日本から郵送での口座開設が可能です。また、今のところカンボジアは共通報告基準(CRS)導入には至っていません。分散投資や、変動する為替リスクを避けるためにも、資産の一部を米ドルで保有することをおすすめします。

❏ 単独口座開設費用:10万円
※カンボジアの公証役場(Public Notary)パスポート認証費用、及び口座開設後の初期デポジットUSD100含む。
※その他、カンボジアまでの郵送費用などが別途かかります。詳しくはお問合せください。
❏ 法人口座開設:
※法人口座開設については⇒こちらよりお問合せください。

VISAやJCBなどのデビットカード発行が可能

カード利用毎に、口座から直接取引金額が引き落とされます。普段のショッピングからオンライン決済、ATMでの現地通貨の引き出しにも使えてとっても便利。

  • ACLEDA VISAデビットカード
  • ACLEDA MasterCardデビットカード
  • ACLEDA JCBデビットカード
  • ACLEDA ATMカード

利用者の声

高金利の定期預金

アクレダ銀行 3種類の定期預金

Hi-Growth Fixed Deposit

  • 満期に金利が支払われるシステム
  • 1ヶ月:0.75%
  • 3ヶ月:1.50%
  • 6ヶ月:3.00%
  • 12ヶ月:4.75%
  • 24ヶ月:5.00%

Hi-Income Fixed Deposit


  • 毎月金利が支払われるシステム
  • 3ヶ月:1.25%
  • 6ヶ月:2.75%
  • 12ヶ月:4.50%
  • 24ヶ月:4.75%

Long Term Fixed Deposit


  • 3ヶ月ごとに利息が支払われる
  • 長期預金
  • 36ヶ月:5.50%
  • 48ヶ月:6.00%
  • 60ヶ月:6.50%

単独口座お申込み/お問合せ

開設費用:100,000円(税込)



法人口座お申込み

※法人口座開設詳細については⇒こちらよりお問合せください。