CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

国際税務における源泉徴収制度について

源泉徴収制度とは、従業員の給与や株主への配当の支払いを行う際、支払者が支払金額の中から一定の税金を予め徴収して国に納付してしまう制度のことを言います。国際税務に於いてもこの源泉徴収制度が所得源泉国に於ける納税方法として非常に重要な役割となっていることは言うまでもありません。

例えば外国法人や非居住者がビジネスを日本で展開(つまり日本を所得源泉)とする場合は、当然のことながら日本での納税義務が課せられます。

しかしながら、仮に確定申告義務などをこうした対象者に課したとしても、回収部分については疑問符がついてしまうのは否定できず、故ににより確実な徴収制度として源泉徴収制度が採用されるのが常です。

一般的には内国法人や居住者と比較してその徴収対象範囲が広く定めれられていると言うこの制度、租税条約対象国と対象国以外と言う視点から見るとどうなるのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP
源泉徴収が必要な所得源泉とのその種類

 - お役立ち情報, 国際税務 , ,

  関連記事

no image
「トリーティーショッピング」から得るメリット

海外展開を行う企業の中には、進出における最初のプランニングの段階から様々な場所に …

no image
医療事情を香港で自分なりに整えて置くことへの薦め(1)

海外生活を行う際に一番慎重に備えて置かなくてはならないことの一つと言うのは赴任先 …

no image
海外駐在中の日本の健康保険の利用

一般的に言って「海外駐在」となるとある一定の期間、健康に関する“リスク指数”と言 …

no image
香港でビジネス展開をサポートする機関とは?

香港や海外進出を検討する時にはインターネットやコンサルティング会社、或いは銀行な …

no image
税務署目線で対策を練ることの大切さについて2

前回からの続きとなりますが、今後、軽課税地域に居住している人やそこで事業展開を計 …

no image
日本と異なる(?)香港の会計と監査

香港の会計制度や監査については今までも何度か取り上げて来ました。 一番分かり易い …

no image
香港で上場するには…

以前ほどでなくなったとは言え、依然として企業の『海外進出先』の中で中心的な位置に …

no image
国外財産に対する課税範囲の重要な変更点

税制改正と言うのは毎年年末にその内容が公表される形になりますが、今回の変更=『平 …

no image
平成31年度の税制改正概要について-1

毎年の恒例行事でもありますが、昨年の12月、与党による次年度(平成31年)の税制 …

banner_meeting
6月の法人設立個別相談会も、2会場で開催します!

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …