CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

輸出実績から見る、日本の 『売り物』 とは?

最近の海外での日本トレンドは様々なものへと広がりを見せています例えばその中には日本のウイスキーがあり、“匠の業”が海外でも評判を呼ぶことで需要が極端に増加し、高級品を中心に原酒が底を尽きはじめ、結果として“販売中止”の流れへとなりとつつあります。

例えば、トップブランドであるサントリーでは、白州12年、響17年が早々と販売中止となってしまい、キリンもまた富士山麓樽熟原酒50度の販売を今年3月上旬で販売を終了することとしています。こうした嗜好品の他、錦鯉や盆栽なども海外への輸出が増加しているなど、日本発の農産水産物人気は止まるところを知りません。

今回は、こうした日本輸出動向がどのような状況となっているかをご紹介したいと思います。

詳しくはCCM香港HP
外国のバイヤーから見る日本のもうひとつの“顔“=新手の投資市場

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本 ,

  関連記事

no image
海外財産トラブル!亡くなった家族の遺産相続はどうすれば?

【ポイントその1】 遺産税はゼロ 2006年2月11日以降に亡くなられた方につい …

no image
新会社法設定からSCR施行までの背景

2014年、香港ではそれまで約80年以上使用されていた会社の“背骨”たる会社法( …

no image
ゴーン問題が起こした国際税務問題

当初の予想を裏切る形となり、やや長期戦の様相を呈して来た感があるカルロス・ゴーン …

3d people - man, people push up word "tax"
【日本の税制調査会の動向(1)】

『税制調査会』とは日本の内閣府の審議会等の一つです。内閣総理大臣の諮問に応じて、 …

no image
『パナマ文書』の本当の意図

4月に世界に衝撃的なインパクトを齎した『パナマ文書』。政財界のトップやスポーツ・ …

no image
香港進出日系企業はどう言う会社?

アジアの歴史に触れる機会を得られた方々にとっては、”英国と香港”、また”中国と香 …

no image
駐在員に対する人事評価のやり方とは?

例えば海外にやらせる経験が余りない会社、特に中小企業様のように海外において一人で …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(1)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

150121110315_0
マイナンバー準備の現状と今後注意しておくべき税制

“国民総背番号制”と言う制度であるマイナンバーがいよいよ来年から本格的にスタート …

no image
インターネットを利用したビジネスの“落とし穴”

グローバルな環境においても各国の税制と言うものはそこに居住される方々にとって厳し …