CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

輸出実績から見る、日本の 『売り物』 とは?

最近の海外での日本トレンドは様々なものへと広がりを見せています例えばその中には日本のウイスキーがあり、“匠の業”が海外でも評判を呼ぶことで需要が極端に増加し、高級品を中心に原酒が底を尽きはじめ、結果として“販売中止”の流れへとなりとつつあります。

例えば、トップブランドであるサントリーでは、白州12年、響17年が早々と販売中止となってしまい、キリンもまた富士山麓樽熟原酒50度の販売を今年3月上旬で販売を終了することとしています。こうした嗜好品の他、錦鯉や盆栽なども海外への輸出が増加しているなど、日本発の農産水産物人気は止まるところを知りません。

今回は、こうした日本輸出動向がどのような状況となっているかをご紹介したいと思います。

詳しくはCCM香港HP
外国のバイヤーから見る日本のもうひとつの“顔“=新手の投資市場

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本 ,

  関連記事

no image
香港であるお祭り&催事についてご紹介

香港でも日本同様、一年を基準に考えるとその季節ごとに様々なお祭りや催事があり市民 …

no image
香港法人、設立の手順から運営までー2

海外に進出を行う場合、企業はそれぞれの進出目的・事業の内容を考慮して、「現地法人 …

no image
中国現地法人駐在者への給与送金について

日本本社として中国で現地法人子会社などを構えた際、先ず念頭に置かなくてはならない …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
駐在員が欲する研修とは?

某リサーチ会社が行ったアンケートによると、駐在員、駐在経験者に”受け …

no image
“恒常的な住宅難”と向き合う香港の“壮大なプロジェクト”

「香港」と言う地域を一般的なイメージで連想する印象と言うものは恐らくどれも似通っ …

no image
「パートナーシップ」という進出形態について(香港進出)

前回は香港に於いて個人での事業進出を行う場合のメリットやデメリットにフォーカスを …

no image
色々と課題点が多い?『一帯一路』と『CEPA』の現状(2)

やはり現在の状況を多くの面から鑑みると、香港が“大変革“を迎えた年というのは英国 …

no image
香港現地法人を休眠にする前に理解しておく必要があること

経済産業省の統計データによると海外進出を行った企業の数の“ピーク時期”と言うのは …

no image
海外に支店を設置すると言う事

『海外進出』の際に本部が検討するオプションの中には、果たしてそれを『現地法人』と …