CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

中国現地法人における秘密保持制度の構築方法

どの世界でも“スパイ”と称される者や行為と言うのは存在します。香港や中国と言った海外でビジネス活動を行う時、どうしても現地の従業員の数が日本から派遣されるスタッフより多くなるのは否めず、そう言う環境下では彼等従業員の間にある人的な“繋がり”をある程度理解して置かないと後々大きな問題へと発展してしまうこともあります。

従ってこうした「リスク管理策」に関しては確りした体制を確保しておくことが現地でのビジネスを成功に導く一つの重要な要素と言え、こうした部分に対する脇の甘さを直視することで確実に不安の芽を摘んで置くことが肝要です。

本稿では“人治国家”の代表国と揶揄される向きのある中国を舞台として実際に起こった事例を題材にその管理と責任についてご案内します。

詳しくはCCM香港HP
情報の特定と管理、及び事故発生時の責任の明確化が鍵となる秘密保持制度の構築

 - お役立ち情報, ビジネス, 中国 , ,

  関連記事

no image
香港を存分に活用することで見るビジネス展開とは?

中国でのビジネスを考えるとき、必ずその前提として多くの方々の脳裏に浮かぶ都市が2 …

no image
香港での『禁酒令』発表への反発

3月23日、香港特別行政区の行政長官であるキャリー・ラム(林鄭月娥)氏が香港の新 …

no image
SARS(重症急性呼吸器症候群)と新型コロナウィルス、香港での捉えられ方

中国湖南省武漢市で発生した新型コロナウィルスが猛威を奮っています。香港のキャリー …

no image
タックスヘイブン国、BVIの中で起こっている「変革」への対策

“タックスヘイブン”と言う言葉で世界中を括ると大よそ60国(&地域)があると考え …

no image
仮想通貨をめぐる税務問題について

話題としては頻繁に出て来る「仮想通貨」ではありますが、一般市民にとって実際にビッ …

no image
香港における法定会計監査・税務に関するあれこれ

日本と比較すると香港は多くの面、特にルール上の面で大雑把であることが挙げられます …

no image
【コーヒーブレイク】歴史から見て行く香港と言う地域について-2

今回も前回から引き続き“コーヒーブレイク”と言うことで香港の歴史について触れて行 …

yajirushi
国税庁が行なった租税条約に基づく情報交換事績の公表

国が推進している重要な施策のひとつに外国との租税条約と言うものがあります。これか …

no image
中国で確定申告は必要か?

税金を支払う季節になって来ると、この手の質問が当社にもお客様から来る事が多くなっ …

no image
海外進出日系企業が抱える資金面・事業面での課題とリスク

企業の海外進出に於けるその「目的」は、つい10年ほど前まで支配的概念であった「現 …