CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

中国現地法人における秘密保持制度の構築方法

どの世界でも“スパイ”と称される者や行為と言うのは存在します。香港や中国と言った海外でビジネス活動を行う時、どうしても現地の従業員の数が日本から派遣されるスタッフより多くなるのは否めず、そう言う環境下では彼等従業員の間にある人的な“繋がり”をある程度理解して置かないと後々大きな問題へと発展してしまうこともあります。

従ってこうした「リスク管理策」に関しては確りした体制を確保しておくことが現地でのビジネスを成功に導く一つの重要な要素と言え、こうした部分に対する脇の甘さを直視することで確実に不安の芽を摘んで置くことが肝要です。

本稿では“人治国家”の代表国と揶揄される向きのある中国を舞台として実際に起こった事例を題材にその管理と責任についてご案内します。

詳しくはCCM香港HP
情報の特定と管理、及び事故発生時の責任の明確化が鍵となる秘密保持制度の構築

 - お役立ち情報, ビジネス, 中国 , ,

  関連記事

no image
香港での納税義務のタイミング

どの国においても税金の“未払い”と言う事由に対してはそれなりの代償(罰金&法的な …

BVI_00279
BVI法人清算に関する質問事例紹介

質問: BVI法人設立してから数年経つのですが、当初描いていたようなビジネスが中 …

no image
タックスヘイブン対策税制とは?

海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ …

no image
香港法人設立の際の質問(各種節税について)②

弊社に寄せられる問い合わせの中には”節税”と言う視点が頻繁にあります。日本の税制 …

no image
香港 – 2014年度 IPO資金調達額で世界第2位に

Big4の一角であるアーンスト&ヤング会計事務所の報告によれば、2014年、香港 …

no image
新会社法設定からSCR施行までの背景

2014年、香港ではそれまで約80年以上使用されていた会社の“背骨”たる会社法( …

no image
もう一度、香港での法人設立とその運営

近年の海外法人設立の案件をシンガポールと並んで引っ張って来たのは紛れも無く香港で …

no image
海外信託を使用すると言うこと2

「ウェルスマネジメント」を考えた際、使用できる方法と言うのは様々です。PB(プラ …

no image
香港における慈善機構の設立について

香港税務条例の第88条に基づき、公共性を有する慈善機構や信託団体は、税務局に別途 …

no image
海外進出企業の共通する悩み事について

企業のサイズを問わず、相談事と言うのはまさに絶える事がありません。一つの問題を解 …