CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

オフショアセンター比較、香港かそれともシンガポールか?

海外進出にはそれぞれの目的があり、それらによって進出先国が変わるのは当たり前のことですが、欧米への進出を挙って行なっていたのが1970年代から90年代初頭までの期間だとすると、その後、海外進出ブームの鉾先が向いた場所と言うのは“安い労働力”と“壮大な潜在市場”を持つと言う2つの観点から(中国を中心とした)アジア諸国でありました。

当時の日本は、言わば経済成長の点で半ば頭打ちである過度期と言える時期ではありましたが、同時に欧米諸国と蝶々八丁の厳しいビジネス経験を積めたこともあってなのでしょうか、対アジアについてはある意味“組み易し”と踏んでいたところが多分にあったことと思います。そしてこうした一種の“日本目線”の中でも最も魅力的に見えた投資先国と言うのが香港とシンガポールであったことに異論を挟む人は居ないでしょう。

本稿ではこの両地域をいくつかの面で改めて比較することで疑似点や相違点のそれぞれを見て行きます。

詳しくはCCM香港HP
大きな違いがある香港とシンガポールの進出について

 - お役立ち情報, ビジネス, 投資, 海外法人(オフショア法人), 設立, 設立, 香港法人 , ,

  関連記事

no image
世界(アジア)は何故、このBEPSプロジェクトを推進することになったのか?ー1

昨今の租税を巡る国際的なムーブメントの中で特に重要なものと考えられている動きと言 …

no image
こういう時期においても香港の富裕層は増える?

ここ数年の社会面や政治面を見た場合、“香港の将来像“を輝かしく描く人を探すのはか …

no image
香港のトップ<行政長官>を決める選挙制度

9月28日に勃発・表面化した今回のデモ(傘の革命=Umbrella Revolu …

no image
2つの「特別行政区」、香港と澳門について

日本から香港に渡航される方々の中にはマカオ(澳門)を“セット”にして訪れるような …

no image
あれから3年…「パナマ文書」と香港

2016年、香港のみならず世界中の人々を震撼させた「パナマ文書」。あの時の巨大な …

no image
公示価格から見た地価の動向

今から約2ヶ月前の3月21日、国土交通省から国内の地価公示価格が発表されました。 …

no image
中央に背いた“活動家“たちの現状

今から遡ること7年、時は2014年の香港で中国政府が決定した選挙制度に対する抗議 …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項③ ~ 香港進出をする3つの形態のメリット・デメリット ~

香港には様々な使い道がありますが、今回はその進出の形態とその際のメリット&デメリ …

no image
香港は「グローバル教育」実践の場?

海外赴任となると、国内での勝手とは違い、自分自身の仕事も責任範囲が拡大する為それ …

no image
香港における新型コロナウィルス感染症対策最新アップデート2

前稿では、去る7月9日に更新された香港のコロナ禍対策の詳細をご案内させて頂きまし …