CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

オフショアセンター比較、香港かそれともシンガポールか?

海外進出にはそれぞれの目的があり、それらによって進出先国が変わるのは当たり前のことですが、欧米への進出を挙って行なっていたのが1970年代から90年代初頭までの期間だとすると、その後、海外進出ブームの鉾先が向いた場所と言うのは“安い労働力”と“壮大な潜在市場”を持つと言う2つの観点から(中国を中心とした)アジア諸国でありました。

当時の日本は、言わば経済成長の点で半ば頭打ちである過度期と言える時期ではありましたが、同時に欧米諸国と蝶々八丁の厳しいビジネス経験を積めたこともあってなのでしょうか、対アジアについてはある意味“組み易し”と踏んでいたところが多分にあったことと思います。そしてこうした一種の“日本目線”の中でも最も魅力的に見えた投資先国と言うのが香港とシンガポールであったことに異論を挟む人は居ないでしょう。

本稿ではこの両地域をいくつかの面で改めて比較することで疑似点や相違点のそれぞれを見て行きます。

詳しくはCCM香港HP
大きな違いがある香港とシンガポールの進出について

 - お役立ち情報, ビジネス, 投資, 海外法人(オフショア法人), 設立, 設立, 香港法人 , ,

  関連記事

no image
海外進出の際におさえて置きたい基本的なポイント

企業にとって『海外進出を行う』ことと言うのは大きなビジネスチャンスを獲得する可能 …

no image
日本がいまだに世界でもトップクラスの資産家国家であるゆえん

1996年から2001年にかけておこなわれた金融ビッグバン時代、日本の金融資産額 …

no image
中国における会社設立についてのアレコレ

日本ではかつて株式会社設立を行う場合、最低資本金が1,000万円(株式会社)と3 …

no image
旧正月だからこそ“ちょっとした変化”が訪れる香港と、その歴史的な意味合い

我々日本人は、アジアに位置しながら、一部を除いて余り周辺国家について知る機会があ …

no image
医療事情を香港で自分なりに整えて置くことへの薦め(1)

海外生活を行う際に一番慎重に備えて置かなくてはならないことの一つと言うのは赴任先 …

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務1

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
海外駐在期間が短縮された場合と延長になった場合の対応

駐在の期間変更と言うのは時と場合によって発生する可能性があります。例えば当初、一 …

no image
香港のトップ<行政長官>を決める選挙制度

9月28日に勃発・表面化した今回のデモ(傘の革命=Umbrella Revolu …

アイキャッチ:セミナー150x150
香港会社設立オンラインセミナー(12月9日開催)

【香港法人、BVI、セーシェル他オフショア法人設立セミナー情報】 個人でも法人で …

no image
【本社機能の海外移転スキーム(三角合併)のステップと留意点】

本社、特に本社が提供する機能の海外への移転に関しましては昨今様々な企業様の間で検 …