CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港に取って代わる日が訪れるか?中国・深センの野望-2

前回では共産党と国務院が発行した通達、いわゆる深センの発展をベースに置いた「深センにおける中国の特色ある社会主義先行モデル区建設の支持に関する意見」と名付けられた文章の概略に触れさせて頂きました。

その中で8つの取組項目を推進して行くことにより、深センが将来的に香港と遜色無いレベルの国際自由都市への発展の可能性を見た訳ですが、仮に同等のポジションを確固たるものにするにはインフラ面だけでなく、社会制度面での後押しをどのように推し進めるのかがネックとして挙げられることになっています。

既にGDPと言う経済指標の上では香港を凌駕する存在まで成長した深センではありますが、長年香港が積み上げて来た伝統を鑑みた場合、単純な数値比較だけでは乗り越えられないものが横たわっているのもまた事実です。

2回目となる今回は、香港の発展の理由と言う部分を紐解くことによって深センが今後向き合わなくてはならない課題をご案内して行きます。

詳しくはCCM香港HP
香港を”水際”にまで追い込むか?深センの「先行モデル区」と言う政策-2

 - お役立ち情報, 中国, 政策, 現地事情, 生活, 香港生活情報 , , , , ,

  関連記事

no image
【WBS特集 「地方から世界へ」のご紹介】

日本国内市場に限界を感じ世界へ進出する企業が増えています。 アジアの情報収集をし …

no image
香港を巡って激突する中国と英国

先月(6月)のほぼ1か月をかけて世界中に衝撃を与えた香港政府による『逃亡犯条例』 …

no image
新たな課税検討事項になるか? ~日本の富裕層が迎える受難「出国税(Exit Tax)」~

富裕層をターゲットとする新たな課税枠を政府・与党は検討し始めたようです。 こうし …

no image
家族帯同か否か?海外駐在に於ける会社方針について

海外駐在員を送り出す際に会社側として考えることの中の1つと言うのは、駐在者が仮に …

no image
香港の現地会計事務所の回答が「素人レベル」で困っている・・・

昨今の経済状況はやはり芳しいものではありません。香港や中国進出をされている日系企 …

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

no image
新分野を今後の産業の『核』とする香港、果たしてこれは成功となるか?

香港の産業の強さは日本や中国などと違って一般の方々にとっては少し歪(いびつ)に見 …

no image
香港での法人設立維持費用には何故業者によってバラツキが大きいのか?

香港に事業進出を検討する際、当然の検討事項として上がるものは法人設立に関すること …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項⑤~香港の直接税

香港の直接税は僅か3種類のみです。 それらは先ず法人税に当たる『事業所得税』であ …

no image
香港での納税義務のタイミング

どの国においても税金の“未払い”と言う事由に対してはそれなりの代償(罰金&法的な …