CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港飲食業界への進出について

香港人の一般的なライフスタイルの中では「外食」と言う習慣は切っても切り離せないものの1つです。特に週末の食事風景は、朝からお昼前後であれば、当地の独特の食文化と言える「飲茶」がありますし、夕食についても地元の中華料理店やチャーチャンティン(食堂)で家族共々食事をすると言うのが当たり前のお国柄であると言えます。

従って自宅で料理を作って食事をすると言うよりは、むしろこちらの方が“香港スタイル”と認識されているのが香港通の間では“常識”でもある訳ですが、この「伝統」に託けることでひとつのビジネスチャンスと捉えて香港進出を画策し実施する日本の外食産業がこの数年は非常に顕著なトレンドと言えました。

今回は香港の飲食業界に対してどのようなライセンスが必要なのか?あるいはこの市場に進出する際に理解して置いた方が良いメリットとデメリットがどの点にあるのかをご紹介して参ります。

詳しくはCCM香港HP
香港飲食業の業界事情からライセンス、またメリット・デメリットのあれこれ

 - お役立ち情報, グルメ, ビジネス, 日本, 生活, 香港生活情報 , , , , ,

  関連記事

no image
香港 – 2014年度 IPO資金調達額で世界第2位に

Big4の一角であるアーンスト&ヤング会計事務所の報告によれば、2014年、香港 …

title_covid
新型コロナ時代の海外法人活用法。コロナ禍でも海外法人設立は可能です

日本での緊急事態宣言が解除され経済活動が戻りつつある中、事業やリスクを分散する為 …

no image
香港ビジネスの効率的なスタートアップを行なう為には?

前回の記事でも触れさせて頂いた香港での起業ですが、日本のそれと比較した場合でも決 …

no image
「居住判定」が重要となる国際課税との判断基準の肝とは?

香港やシンガポールと言ったタックスヘイブン地域(国)に住み始めると、所得の多くな …

no image
新分野を今後の産業の『核』とする香港、果たしてこれは成功となるか?

香港の産業の強さは日本や中国などと違って一般の方々にとっては少し歪(いびつ)に見 …

no image
中国の個人所得税改正が与える駐在者へのインパクト

海外課税を巡る話になると決まって出て来るような単語(或いは話題)と言うのは居住・ …

no image
香港法人設立の際の質問(各種節税について)②

弊社に寄せられる問い合わせの中には”節税”と言う視点が頻繁にあります。日本の税制 …

no image
国際税務の手法(海外資金還流について)

子会社と本社の間には常に「配当」と「利息」の議論が存在します。特に海外子会社とな …

no image
香港周辺の地域、「マカオ(澳門)」とはどのような場所か?

香港に来られるお客様の中には、スケジュールが許せばフェリーで1時間強先のマカオ( …

3d people - man, people push up word "tax"
【日本の税制調査会の動向(1)】

『税制調査会』とは日本の内閣府の審議会等の一つです。内閣総理大臣の諮問に応じて、 …