CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港政府の防疫措置の延長及び一部強化の情報

2020年12月15日時点の香港・マカオへの渡航制限、防疫措置情報です。

2020年12月14日、香港政府はプレスリリースを発出し、11日付領事メール(新型コロナ(その81:香港政府の防疫措置(入境規制、ワクチン関連情報))でお知らせした、香港入境後の政府が指定する指定検疫ホテルでの強制検疫について以下のとおり追加的に発表したところ、特に下記(2)についてご注意下さい。

(1)中国本土、マカオ、台湾以外の地域から入境する旅客が12月22日(火)より利用する旨通知した指定検疫ホテルは、予定を前倒しして12月18日(金)より利用可能。同日より、空港及び検査結果待ちの待機場所(華逸酒店(Rambler Garden Hotel))から36の指定検疫ホテルまでの専用輸送を開始。
(2)12月21日(月)に香港に到着する旅客は、フライトの遅れやウイルス検査結果待ち等により同日中にホテルにチェックインできない可能性があるところ、指定検疫ホテルを予約する必要がある。指定検疫ホテルを予約していない場合は航空機に搭乗できない。
(参考)指定ホテルリスト(含価格等):<詳細はこちら
(参考)指定検疫ホテルのスキーム:<詳細はこちら

2 また、香港政府は、15日(火)まで実施中の緊急・必要な公共サービス提供対応部門を除く公務員の在宅勤務について、12月23日(水)まで延長することを発表しました。併せて、政府は民間企業に対しても引き続き在宅勤務を奨励しています。(参考:香港・マカオの現在の主な措置は以下のとおりです。ただし、各措置の期限は今後の状況によって変更される可能性があります。)

○防疫関係(香港)
1 レストラン等飲食店:午後6時〜午前5時の店内飲食禁止。1卓2名まで。バー、ナイトクラブは営業停止。【〜12月23日(水)】
2 ジム、エステ・ネイルサロン、マッサージ店、運動施設、ボーリングやビリヤード等のアミューズメント施設、映画館等のエンターテイメント施設、カラオケ、麻雀、ゲームセンター、プール、サウナ、パーティールーム:営業停止。【〜12月23日(水)】
3 マスク着用義務:屋内外公共場所、交通機関【〜12月23日(水)】
4 集団制限:公共の場所で2人まで【〜12月23日(水)】

○出入境関係
1 海外から香港へ入境:香港居民(香港IDもしくは査証保有者)のみ入境可。ただし、入境後14日間の強制検疫。【〜2021年3月31日(水)】
2 中国本土、マカオ、台湾から香港への入境:香港居民、非香港居民ともに入境可。ただし、入境後14日間の強制検疫。なお、11月23日からは、香港居民であり、且つ過去14日以内に香港、広東省、マカオ以外の滞在歴がなく、事前の申請や核酸検査陰性証明の取得等の手続きを実施した場合は、入境後14日間の強制検疫免除。【〜2021年3月31日(水)】
3 マカオへの入境:マカオ居民(マカオID所持者のみ)、事前に免除許可を得た上で、連続して14日以上中国本土に滞在した後中国本土からマカオに入境するブルーカード保持者等の外国人(12月1日から)及び香港永久ID保持者のみ入境可。ただし、入境後14日間の医学観察と事前の核酸検査陰性証明の取得が必要。【無期限】
4 香港国際空港は、同一航空券での搭乗に限りトランジット可。ただし、中国本土行きのトランジットは不可。マカオ国際空港はトランジットサービス停止。【無期限】

 - お役立ち情報, サービス, ニュース, 交通, 生活, 香港生活情報 , , , ,

  関連記事

no image
香港と『オリンピック』

新型コロナウィルスの旋風が世界中を駆け抜ける中でその結論が注目されていた東京オリ …

no image
香港で入る海外生命保険とは?

既にご存知の方も沢山いらっしゃるように、海外の生命保険と言うのは日本国内で販売さ …

banner_meeting
2019年3月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
移転価格(Transfer Pricing)文章を作成する事とは?

上場企業などの一定のビジネス規模を持ち、且つ海外展開を行なっている企業様において …

no image
ビジネスシーンとして見た香港の現状

8月12日、香港国際空港にはエアポート埋め尽くさんばかりの人垣が集まり、例の「逃 …

no image
香港にとっての『2021年』とは、一体どうなるものなのか?

今年も3月に入り、中国では(予定されていた)全人代が開催されています。 「全人代 …

no image
香港の国際競争力の“低下”について

スイスのビジネススクールであるIMD(国際経済開発研究所)は毎年、世界中の国々( …

no image
【コーヒーブレイク】日本企業による「クロスボーダーM&A」傾向と今後の動向

近年、日本企業による海外企業の「M&A」が活況の様相を見せています。調査 …

no image
中国は“香港を潰さない“という幾つかの根拠

現在の香港のことを語る時は、中国の香港利用の『本質』を見極めていく必要が有ります …

no image
帰国に伴うMPF(強制退職金制度)の取扱いについて

香港では日本で言う確定拠出型の年金制度、所謂MPF(Mandatory Prov …