CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】「株式買収」と「資産買収」、海外進出をする時はどのような基準でどちらを選ぶのか?

新型コロナウィルス感染症の発生によって“パンデミック“が世界に拡がり、先の見通しが立たない状況下に入っている昨今ですが、こうした“見えない“時代に入ると企業の海外オペレーションの維持や拡大についてはそれなりに慎重な選択が必要になって来ます。

例えば買収をする形で拡充を目指すにしたとしても、その選択肢については(コロナ禍以前のような「株式買収」一辺倒ではなく、もう少し、そのニーズについて検証を行うなどしてその方法論にメスを入れることが肝要でしょう。今回は“コーヒーブレイク“として、企業や事業の買収を行う際、従来のような「株式」での買収という手段を取るのが良いのか?或いは他の手段、例えば「資産」だけにフォーカスを絞った形で行う買収の方が良いのか?という論点で考察を行なってみます。

詳しくはCCM香港HP
メリット?デメリット?買収手段についてのいろいろ

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本, 海外法人(オフショア法人), 海外駐在, 税金・税務, 設立, 設立, 香港法人 , , , , ,

  関連記事

bitcoin
仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー9

> 仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー1 > 仮想通貨(暗号 …

cyclone-62957_640
1884年以来の天災(?)、香港の台風強度とその種類

香港の立地的な条件からすると、これは我が国同様、基本的には毎夏のこの時期において …

no image
「中国と香港の違い」を表現した20枚のイラスト

2015年、丁度雨傘運動が集結して日も間もない時期、ある香港人のアーティストが擁 …

no image
「パートナーシップ」という進出形態について(香港進出)

前回は香港に於いて個人での事業進出を行う場合のメリットやデメリットにフォーカスを …

no image
香港の「現状」と金融大手が見ている「未来」

日本のメディアなどの報道に洗脳されると実態を見誤ることは多々あります。昨年の米国 …

no image
香港でビジネスを行うと言うこと – 1

ひと言で表すと、ここ数年の政治・経済(産業)の分野に於いて、香港はひとつの“過度 …

no image
香港法人も巻き込まれる?中国における“商業賄賂”問題

一般的な見方として中国と言う国を捉えた時に『商業賄賂』と言う言葉を並べると違和感 …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項③ ~ 香港進出をする3つの形態のメリット・デメリット ~

香港には様々な使い道がありますが、今回はその進出の形態とその際のメリット&デメリ …

no image
【2カ国で課税?日本と香港の双方の居住者となる場合】

香港では、1(課税)年度に180日以上、又は連続する2(課税)年度において300 …

no image
メインボードで超大型IPO、アリババがとうとう結実!

最近の香港を巡るニュースと言うのはその殆どが香港デモに関するものであり、このデモ …