CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】「株式買収」と「資産買収」、海外進出をする時はどのような基準でどちらを選ぶのか?

新型コロナウィルス感染症の発生によって“パンデミック“が世界に拡がり、先の見通しが立たない状況下に入っている昨今ですが、こうした“見えない“時代に入ると企業の海外オペレーションの維持や拡大についてはそれなりに慎重な選択が必要になって来ます。

例えば買収をする形で拡充を目指すにしたとしても、その選択肢については(コロナ禍以前のような「株式買収」一辺倒ではなく、もう少し、そのニーズについて検証を行うなどしてその方法論にメスを入れることが肝要でしょう。今回は“コーヒーブレイク“として、企業や事業の買収を行う際、従来のような「株式」での買収という手段を取るのが良いのか?或いは他の手段、例えば「資産」だけにフォーカスを絞った形で行う買収の方が良いのか?という論点で考察を行なってみます。

詳しくはCCM香港HP
メリット?デメリット?買収手段についてのいろいろ

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本, 海外法人(オフショア法人), 海外駐在, 税金・税務, 設立, 設立, 香港法人 , , , , ,

  関連記事

no image
中国での「社会保険」に日本人駐在員は加入する必要があるのか?

弊社の業務範囲と言うのは香港を中心としてオフショア国(地域)などのご相談案件が中 …

no image
税制改正大綱の中に組み込まれたタックスヘイブン税制について(2)

企業の最終目的が中国やアジアと言った巨大市場での事業面であった場合、香港を活用す …

no image
香港とシンガポール、似て非なる兄弟?それとも双子?

仮に、アジアに於けるオフショア市場をリードする国(地域)を“挙げて見なさい”と言 …

no image
ゴーン問題が起こした国際税務問題

当初の予想を裏切る形となり、やや長期戦の様相を呈して来た感があるカルロス・ゴーン …

no image
何故、会計と税務はこれほど違うのか?〜海外子会社株式の評価減について〜

会計と税務の間には基本的発想と言う点で明確な違いが存在している為、往々にしてその …

no image
香港の税務申告制度とは?

やや時期が過ぎてしまっているタイミングとはなりましたが、今回は香港の税務申告につ …

prof150x150
香港・海外法人設立 無料電話相談のご案内

CCM香港では、海外進出・海外事業展開に向けて弊社にて海外法人設立を検討されてい …

no image
中国/ 183日ルール:そのカウントの方法

香港に販売拠点などを置き、中国国内にある生産工場で仕事をされる駐在員の方々や、応 …

no image
香港飲食業界への進出について

香港人の一般的なライフスタイルの中では「外食」と言う習慣は切っても切り離せないも …

no image
【コーヒーブレイク】増えている?それとも減っている?日本の家計資産の状況について

その昔、バブル期などでは日本人の家計資産の額というのがおおよそ1,400兆円ある …