CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

シンガポールが狙う、香港のアセット(資産)とは?

2022年が幕を明けました。昨年末に行われた香港立法会の選挙結果と言うのは、香港市民にとってまさに“踏み絵“に等しいものであり、多くの者は当地で起こっている“苦渋“の現実を噛み締める形になったと言えます。中国(中共)は香港に関して「政治面」での完全な統治を望んでおり、その徹底ぶりは益々拍車が掛かっていると評しても過言ではありません。この締め付けが厳しくなりつつある環境下に置いて香港人にとっての唯一の心の拠り所と言うのが経済面での活動について現時点ではまだ強いルール変更などが起こっていないと言うことです。実際のところ、この局面における北京のスタンスと言うのは、上述の政治面での圧力とは裏腹に、意外なほど?“寛容である“と言っても良いと言えます。その、慈悲的とも言える、待遇によって香港は依然として「国際金融センター」としての面目を保てていると言っても良いかもしれません。

一方、こんな状況を横目にしながら、香港の“ライバル“として長年比較をされているシンガポールはその地位を取って代わるべく、虎視眈々に彼の地の状況変化を窺っています。実際のところ、シンガポールは既にある部分においては香港を凌駕している市場へと成長しましたが、それでもより“確信的な部分“については香港の領域に入っているとは言い難いと言えます。

では(香港が持っていて)シンガポールが持っていないものと言うのは一体何なのでしょうか?

それは香港が所有するアセット(資産)です。今回はその面について触れて行くことにします。

詳しくはCCM香港HP
シンガポールが香港に取って変わる為にどうしても“必要なもの“とは?

 - お役立ち情報

  関連記事

banner_meeting
次回の海外法人設立個別相談会(無料)は、1月17日(火)/1月18日(水)開催です。

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

choice-2692575_1920
香港行政長官の“変遷”から見えて来るもの

1997年7月、香港は旧宗主国である英国から新しい宗主国となる中国へと返還されま …

no image
海外絡みの「M&A」別、税務論点を考える【コーヒーブレイク】

良く企業が業績を維持する際に使用する方法というのは、「M&A」と言われています。 …

no image
“恒常的な住宅難”と向き合う香港の“壮大なプロジェクト”

「香港」と言う地域を一般的なイメージで連想する印象と言うものは恐らくどれも似通っ …

no image
香港に於ける会社清算の種類

香港は市場経済においてレッセフェール(laissez-faire=自由放任主義) …

no image
中国の個人所得税改正が与える駐在者へのインパクト

海外課税を巡る話になると決まって出て来るような単語(或いは話題)と言うのは居住・ …

no image
香港マカオへの渡航制限状況

※2020年11月25日の情報を公開しております。 >記事はこちら 2020年9 …

no image
香港に於ける「個人情報」の取扱いについて-1

昨今は国を問わず個人に関する情報と言うものに対して人々の意識は鋭敏になって参りま …

no image
香港の国際競争力の“低下”について

スイスのビジネススクールであるIMD(国際経済開発研究所)は毎年、世界中の国々( …

no image
日本から脚光が当たり始めた香港の移転価格税制

結論めいた形の話を最初から言うと、数ある税制度の中で「移転価格」と言う分野につい …