CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

コロナを含めた各種対応を迫られる香港政府の“深層“

9月に入って香港政府の新型コロナウィルス感染症の対応について大きな発表がありました。同月23日、香港特別行政府トップである李家超(ジョン・リー)行政長官は記者会見を開き、今まで香港政府が海外からの香港への入境者に対して義務付けしていた検疫を行う為に指定されたホテルでの強制隔離措置を撤廃すると言う主旨のものです。

これまでは「34」(=3日間の強制隔離と4日間の健康観察を行う)のルールを敷いて来た香港政府ではありましたが、この日の発表を倣うと926日以降は「03」(=3日間の健康観察のみ)と言うものに緩和されることになります。

その詳細は本編にてご案内させて頂きますが、それにしてもこれまで「ゼロコロナ」を中国の習近平国家主席から厳命されていた筈の香港が突如こうした緩和策を単独で行うことになったのは一体何故なのでしょうか?各国のコロナ政策が緩和の方向へ舵取りしているのは明らかであるとは言え、ここに来て突如180度変わるような方針転向を行うのは多くの疑問が各方面から呈されたとしても致し方ありません。

本稿ではこの発表の深層と言うものがどのようなものであるかを考察したいと思います。

詳しくはCCM香港HP
突如方針変更を発表した香港の人材事情とは?

 - お役立ち情報, 新型コロナウイルス, 生活, 香港 , , ,

  関連記事

no image
不動産熱が再現?香港の投資家の思惑の背景とは?

香港のメジャーな英字新聞である「サウスチャイナ・モーニングポスト」(電子版)の報 …

no image
色々と課題点が多い?『一帯一路』と『CEPA』の現状(1)

2000年初頭、香港が中国の“アンテナ的“な立ち位置となって貿易や金融などを中心 …

no image
米中対立の展開の“鍵“を握ることになる香港

「中国国家安全法」が全人代で承認されてからと言うもの、香港を取り巻く状況と言うの …

無料個別相談会バナー
2月の法人設立個別相談会は、2会場で開催予定です!

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
乖離する「香港観」。媒体を通すものと現実の世界の違い

物の見方と言うのはそれぞれが持つ先入観と言うものに多分に影響されるものです。また …

no image
香港も入るタックスヘイブン地域の特性(1)

当Blogでも何度もご紹介させて頂いているお馴染みのテーマのひとつである「タック …

no image
中国との関係に揺れる香港と台湾

度々、このブログでも取り上げているテーマですが、現在、“中国との関係“を、最大の …

no image
香港新会社法

■概要 すべての香港法人が運営していくための法律根拠となる香港会社法(香港法第3 …

choice-2692575_1920
香港行政長官の“変遷”から見えて来るもの

1997年7月、香港は旧宗主国である英国から新しい宗主国となる中国へと返還されま …

no image
香港の新聞はどう言うものがあるの?

日本で生活しているとその生活の何処かに「新聞」と言うものがあります。ビジネスマン …