CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

 【コーヒーブレイク】米国中間選挙が中国(香港含む)にどのような影響を与えるのか?

去る11月8日、米国ではバイデン政権運営下での評価を米国民が与える意味合いを持つ中間選挙が行われました(現在も最終確定は持ち越し)。選挙前は共和党が圧勝をするのではないか?と囁かれていた今回の選挙の流れではありましたが、再び発生した(?)選挙の不正騒動などの影響もあり、民主党が健闘、大まかな結果としては共和党が上院及び下院共辛うじて勝利を奪うのではないかと認識されつつも総体的には混迷具合を深めています。

では海の向こうからこうした米国の事態を眺める中国の思惑は何処にあるのでしょうか?

中国に対する米国のスタンスは、トランプ前政権から勃発した米中経済戦争を契機としてバイデン政権も基本的なポジションは“踏襲している“と言った感が見受けられます。ではこの中間選挙から2024年の大統領選までの間、そしてそれ以降の関係と言うのはどのようになるのか?と言うテーマが今後の世界経済の行く末に大きなインパクトを与える形になるとした場合、両国は果たしてどのようなスタンスを取って行くことになるのでしょうか?

現状で存在する情報のピース(欠片)を拾い上げて行くと、場合によっては台湾絡みの「27年侵攻説」と言うものがキーポイントとなるやも知れず、様々な不安材料がそこら中に散りばめられているのが今の状況と言っても良いかも知れません。今回は(コーヒーブレイクとして)こうした国家間での政治バランスが絡んで来ることを前提とした米中関係について見て行くこととします。

詳しくはCCM香港HP
“27年説“がある限り対立しないことは不可能?中間選挙結果後の米国との関係について

 - お役立ち情報

  関連記事

no image
海外絡みの「M&A」別、税務論点を考える【コーヒーブレイク】

良く企業が業績を維持する際に使用する方法というのは、「M&A」と言われています。 …

no image
【平成27年度税制改正大綱~まとめ】

昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて …

no image
中国における会社設立についてのアレコレ

日本ではかつて株式会社設立を行う場合、最低資本金が1,000万円(株式会社)と3 …

no image
「香港国家安全維持法」可決から見えて来る中国の“方向転換“

今回のタイトルにあるように、ここ数年、中国が香港に対して“牙を剥いた“一連の出来 …

no image
香港が狙う、CTC(財務統括拠点)を利用した新たな戦略

香港の利得税(法人税)の税率は16.5%であり、アジアでも際立って低い事は周知の …

no image
財政赤字が過去最大となった香港の思惑

昨年から今年にかけて、デモや新型肺炎の発生により未曽有の試練が襲うことになった香 …

no image
平成31年度の税制改正概要について-1

毎年の恒例行事でもありますが、昨年の12月、与党による次年度(平成31年)の税制 …

no image
香港が纏う 『国際金融センター』 と言う評価軸

毎年春先に発表となる国際金融センターの順位ですが、これを調べる機関によっても順位 …

no image
「納税管理人」の概要と手続きについて

駐在を行うとそれなりの期間、日本の制度の諸々から離れることを意味します。その期間 …

no image
中国における短期滞在者免除とは?

国際税法に触れるとその中で必ず出て来るものの内の一つに出張者の滞在日数を巡る部分 …