CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港のDXの状況から見る日本の課題点

昨今では「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉が巷で良く聞かれる言葉の中に入って来ました。時代が既にWeb2.0からWeb3.0へとシフトし、言わばその“黎明期“とも言える中に存在している現在の我々にとっては今後より一層、この「デジタルトランスフォーメーション」という一種の革新的なテーマに対して真摯に理解することが求められる時代へと突入することになる筈です。

既に実感出来るように、今後は最早、今まで以上に身の回りにあるものの多くがコンピュータのコントロール下に置かれることになるのは不可避なものであり、DXでイニシアティブを持てる国というのは将来の“勝ち組“と称しても強ち間違いではないでしょう。香港はこの分野に対する知見を他の国々から先立って官民で積極的に推し進めて来た事もあり、このDX分野に置いて先頭集団の中を走れているポジションです。これは後発となる日本などにとっては格好のお手本となる可能性を秘めていると言えます。

勿論、そのままの形で導入するのはそれぞれの国や地域の状況が異なるが故、ある程度の時間や予算がかかるのは否めないことにはなりますが、その点を割り引いたとしても最新のテクノロジー社会を下支えすることになるDXに関する取り組みと言うものは、日本としても大変興味をそそられる内容の話であるのは間違いないことです。

今回のBlogでは、香港が果たしてどのような基準を元として世界の中で高評価を得ることが出来たのか?と言う点を紐解き、またその逆に何故日本は例年、躍進が出来ずに下位に沈んでしまうのか?と言う事について考察をして行くことにします。

詳しくはCCM香港HP
香港DXをお手本?日本のDXが遅れている理由とは?

 - お役立ち情報, サービス, 香港 , ,

  関連記事

no image
遂に開港!2023年の香港ー日本の行き来上に必要な各種手続きについて

前回のBlogでも触れたように香港の観光業の復興はゼロコロナ政策下では不可能と言 …

no image
香港の人材「テコ入れ」に乗り出した思惑

このブログでは過去に何度か取り上げたテーマである香港の「人材流出」について考えて …

no image
世界(アジア)は何故、このBEPSプロジェクトを推進することになったのか?-2

昨今の租税を巡る国際的なムーブメントの中で特に重要なものと考えられている動きと言 …

no image
メインボードで超大型IPO、アリババがとうとう結実!

最近の香港を巡るニュースと言うのはその殆どが香港デモに関するものであり、このデモ …

no image
香港IPO、今こそが『旬』?

昨今の香港の状況は、経済学者や金融の専門家の言葉を借りるまでもなく、厳しい評価を …

no image
【コーヒーブレイク】歴史から見て行く香港と言う地域について-2

今回も前回から引き続き“コーヒーブレイク”と言うことで香港の歴史について触れて行 …

crowd-2612037_640
アンケート調査に見る香港の経済動向について

香港経済を外から眺めていると、様々な“負のファクター“と言う情報に振り回されてし …

no image
香港で上場するには…

以前ほどでなくなったとは言え、依然として企業の『海外進出先』の中で中心的な位置に …

no image
香港を道具としてバランスを取る英国と中国

1年前のことになりますが、英国政府が香港人の救済を目的としてBNO(英国海外市民 …

no image
【重要】 CCM香港 休業日のお知らせ

平素は格別のお引きたてを賜り誠にありがとうございます。 弊社CCM香港は、下記の …