CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

何故、依然として香港は富裕層を惹きつけるのか?

富裕層にとって合法的に租税回避が出来る都市と言うのは非常に魅力的な場所としてその目に映る筈です。言わずもがな…ではありますが、香港はそうした方々の期待に応えるだけの仕組みを長年提供して来ました。

当地が誇る自由思想が中国のプレッシャーによって“風前の灯“と化した際、大方の予想としてこうした“特殊層“とも言える方々が所有する資産が他のマーケット(例:シンガポールなど)に移管されるのではないか?と言う危惧がありましたが、蓋を開けて見ると、そうした予想ほどのネガティブな動きと言うものは発生することはありませんでした。

これは、裏を返すと香港の提供している枠組みやサービスと言うものがこうした心配を“補って余りある“ほどの高品質であったと言うことに繋がる訳ですが、では一体何故、当地がこれほどの評価を獲得するに至ったのでしょうか?今回は、この香港と富裕層の関係と言うものに関して考察して行くことにしましょう。

詳しくはCCM香港HP
何故、依然として香港は富裕層を惹きつけるのか?

 - お役立ち情報, サービス, 生活, 金融, 香港

  関連記事

no image
香港の税務申告制度とは?

やや時期が過ぎてしまっているタイミングとはなりましたが、今回は香港の税務申告につ …

no image
そもそも『オフショア法人』とは何なのか?

海外投資や海外ビジネスと言う括りでネット等で検索をしたりすると、その検索記事の中 …

no image
「香港国家安全維持法」から「国家安全条例」にアップグレードする香港の管理

既にご存知の通り、2020年6月以降、香港は“それまでの香港“とは別れを告げ、宗 …

no image
日本と異なる(?)香港の会計と監査

香港の会計制度や監査については今までも何度か取り上げて来ました。 一番分かり易い …

no image
日本がいまだに世界でもトップクラスの資産家国家であるゆえん

1996年から2001年にかけておこなわれた金融ビッグバン時代、日本の金融資産額 …

no image
色々と課題点が多い?『一帯一路』と『CEPA』の現状(1)

2000年初頭、香港が中国の“アンテナ的“な立ち位置となって貿易や金融などを中心 …

no image
新型コロナウィルス感染者「ゼロ水準」が続く香港

恐らく日本国内の多くの一般人にとって、まさか一年の最初の大型連休であるゴールデン …

no image
「仮想通貨」を巡る税法上の解釈について(2)

昨年末にかけて恐るべき勢いを持って金融業界を席巻した感のあった「仮想通貨」ですが …

no image
香港であるお祭り&催事についてご紹介

香港でも日本同様、一年を基準に考えるとその季節ごとに様々なお祭りや催事があり市民 …

no image
【重要】CCM香港 2023年5月休業日のお知らせ

平素は格別のお引きたてを賜り誠にありがとうございます。 弊社CCM香港は、下記の …