CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

日本のように変化する?香港の環境問題事情

日本は世界でも最も清潔な国のひとつであることは今や誰もが認める日本の強力なセールスポイントです。それこそ街をくまなく歩いても、ゴミらしいものは何一つとして落ちていないのが当たり前と化しているこの状況と言うのは世界中でも本当に“稀有なこと“と称しても言い過ぎではなく、非常に高い評価を博していると断言しても良いことでしょう。

このように、清潔=環境問題に対してある種“脅威的“と言えるようなことを日本が実現している秘訣と言うものは、分別ゴミの扱いなどを事例として挙げるまでもなく、大方の日本人がその行動規範として崇める利他主義(他人に迷惑を掛けないと言う考え方)が文化的・歴史的の両面において育まれて来た結果であると言え、故に(それとは対局の概念である)個人主義を実践する多くの諸外国が生み出してしまっている一種の“絶望的“な乱れようとは明確に一線を画するものであると言えます。

今回のBlogでは、香港でも近年重要視されて始めて来ているこのような「環境問題」に対するひとつの処方箋として今年の4月から導入された「2023年産品環保責任(修訂)條例草案(PRODUCT ECO-RESPONSIBILITY(AMENDMENT)BILL 2023)」の第一段階に関して触れて行くことで、改めてその取り組みを評価して行くことにします。

第二段階でのステージまで進むとされるこのプロジェクトは途上の段階でもある為、まだその成果について語るのは時期尚早ではありますが、最初に(人体にとって有害とされる)プラスチックに対する規制を取り上げるあたり、どうやら香港政府も本件に関しては本腰を入れて来ているようです。

ではその詳細について触れて行くことにしましょう。

詳しくはCCM香港HP
「プラスチック規制」から着手した、香港の環境問題に対する対策について

 - お役立ち情報, ニュース, 生活, 香港

  関連記事

no image
香港IPO、今こそが『旬』?

昨今の香港の状況は、経済学者や金融の専門家の言葉を借りるまでもなく、厳しい評価を …

no image
【コーヒーブレイク】香港でTKGが大流行?日本の鶏卵が注目される理由とは?

日本では当たり前の食べ方の一つである「TKG(卵かけご飯)」が、近年香港でも注目 …

no image
【 香港に於ける課税対象所得の定義 】

事業活動を行っても法人税によって体力を”奪われる”と云う …

no image
日本より厳しい?香港のスパルタ教育システム

世界を見渡しても香港人ほど教育に対する意識が強い人種は中々存在しないでしょう。日 …

no image
シンガポールなどの圧力?香港が中国の政策から一歩だけ先んじるアクションを今取る理由とは?

9月に入り香港の“動き“が慌ただしくなって参りました。これはコロナ禍に関する域内 …

no image
香港新会社法

■概要 すべての香港法人が運営していくための法律根拠となる香港会社法(香港法第3 …

no image
日本との違い–海外給与の取扱い

海外現地法人などに赴任となった場合はその駐在の社員に対する給与について考えて置か …

no image
【 世界消費税ランキング 】

日本も消費税が5%から8%へと上昇し、そして2017年4月にはとうとう大台の10 …

bitcoin
仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー1

日本国の税法では、ビットコインやイーサリアム、リップルをはじめとする仮想通貨(暗 …

IMG_5310-1.jpg
香港のハロウィンは?

10月31日のハロウィンに向けて、香港の街中でもカボチャの飾り付けを目にするよう …