CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

増加する香港IPOを目指す日系企業

アベノミクスの失速などもその背景としてあるのかも知れませんが、冷え込んでいる東京市場の反動か、弊社にも香港IPOを目指される日本のお客様の案件が増えて参りました。

90年代中半から昨今に至るまで、多くの日系製造業の進出とその事業規模などを考えますと、この国際的な資金調達市場でありタックスヘイブン地域でもある香港のポテンシャルを充分に”使用した”日系企業の数が(殊の外)多くなかったと言う事実はむしろ驚きに値します。

事実、実績としては日系企業のIPOの成功ケースはこの5年で僅か4社しかありません。

そのひとつひとつを挙げて参りますと、以下の企業様です。

(1) SBIホールディングス(金融や不動産事業)
(2) ダイナムジャパンホールディングス(パチンコホール運営会社)
(3) イーコンテクスト・アジア(オンライン決済・電子商取引サービス)
(4) ファーストリテイリング(衣服ブランド『ユニクロ』)

香港上場のメリットは色々と御座いますが、先ず筆頭として挙げられるのは中国市場へのゲートウェイであると言う事です。香港市場上場は中国の投資家達の熱い視線を受ける事になるのと同時に、中国国内への影響力は相当なレベルでの露出になります。また株式公開を通じて人民元建て資金を調達する事で為替リスクをヘッジする事も可能になり企業の収益地盤をより強化できると言う利点もあります。こうした大きな利点を、他の国際市場と比較しても非常に低い税率や緩和されている各種のルールで企業の発展を後押しする訳です。

事実として上記に挙げておりますダイナムジャパンやイーコンテクストなどの株価はIPO価格の2倍以上に上昇している所を見るだけでも、そのメリットを充分享受していると言えるのではないでしょうか。

こうした香港IPO調達は、上場先として二つあるMain BoardとGEMの内、その殆どがMain Boardが行っており、2013年度の実績では実に東京証券取引所が調達した資金(約95億米ドル)の倍以上の、資金である217億米ドルが調達出来たとの事です。

時代はこうした部分からも確実に変わって来ているのかも知れません。

尚、CCM香港ではこうしたIPO関係でのご相談も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

◇お問い合わせフォームはこちら◇
http://www.ccm.com.hk/contact/index.html

 - お役立ち情報, ニュース, 香港法人, 香港生活情報

  関連記事

no image
香港法人、設立の手順から運営までー1

海外に進出を行う場合、企業はそれぞれの進出目的・事業の内容を考慮して、「現地法人 …

no image
タックスヘイブン対策税制とは?

海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ …

no image
中国での医療 / 病気や事故対策について

海外赴任、特に中国への駐在となると駐在員本人だけでなく、帯同家族のからも中国国内 …

Hong_Kong
香港-2016年のGDP成長率は?

欧米系銀行を筆頭とした香港の金融機関の来年の香港GDP見通しは、一様に悲観的なも …

no image
香港は「グローバル教育」実践の場?

海外赴任となると、国内での勝手とは違い、自分自身の仕事も責任範囲が拡大する為それ …

banner_meeting
11月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
香港法人立ち上げに関わるご質問①

弊社サービスの中で重要な位置付けを占めているのは、言うまでもなく海外法人(香港法 …

bitcoin
仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー8

> 仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー1 > 仮想通貨(暗号 …

no image
源泉徴収と言う視点からみた国際税務

一般的に外国企業が日本において日本のマーケットを利用して何等かの所得を獲得した場 …

no image
【APAとは何のことか?】

“APA”と呼ばれるスタンスが海外拠点を持つ企業の間では …