CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

進出金融機関数から見る香港の横顔

国際金融センターと呼ばれて久しいこの香港ですが、ここに進出を果たしている金融機関の数を見ただけでもその競争の激しさを感じることが出来ます。

2012年度の数字になりますが、その時点で当地に進出を果たしている銀行数は250を超えるに至りました。また、保険会社の数も174社と発表されております。一見、感覚的には(意外と多いじゃないか…)などと思われる方々がいらっしゃることと思いますが、実際この数字の凄さと言うのは、ある程度の認識はすれど、それがどれ程のものなのかは実感が湧かないと言うのが正直なところではないでしょうか。

今回は、それをより具体的にイメージして頂く為に、比較の対象として日本にある国内外の銀行数と保険会社数を調べて見ました。

以下、その結果はまさに驚くべきものとなりましたのでご紹介致します。

◆銀行数:
<香港> 260行
<日本> 200行

◆保険会社数:
<香港> 174社(損保117社、生保47社、生損保兼営10社)
<日本> 96社(損保53社、生保43社)

上記を見ると、その数自体はそれ程変わらないとの印象を持たれてしまいますが、ここでもう一つの比較要素を入れるとその印象は一変します。

それは各々のマーケットの分母となる”人口”です。

◆人口
<香港>約700万人
<日本>約13,000万人

日本の人口は香港の約18倍強。

つまり、それ程のマーケット規模の違いがありながら、香港にあるこれらの金融機関の数は日本のそれよりも多いのです。

ご参考までに、仮に香港の人口が日本のレベルまであった場合にそれらの数字がどう変わるのかをご案内します。

前提条件:
香港の人口が仮に13,000万人だったら、香港にある銀行数&保険会社数はどれだけ変わるのか?

◆結果
銀行数:4,680行(260 行X 18)
保険会社数:3,132社(174社X 18)

銀行・保険会社の両方の数字を合わせますとその数は7,812 (!)まで膨張します。

この数字、日本にあるスターバックスの総店舗数の約8倍です。

しかもそれぞれが”別々の”会社であると言う事実も見逃せません。

まさに『国際金融センター』の名に恥じない数字ではありませんか。

 - お役立ち情報, 設立, 香港法人 ,

  関連記事

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務2

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
香港ビジネスの効率的なスタートアップを行なう為には?

前回の記事でも触れさせて頂いた香港での起業ですが、日本のそれと比較した場合でも決 …

no image
香港における破産について

破産には二つの方法があります。 1)債権者が裁判所に破産申立を行い、未決済の債務 …

no image
徐々に、そして確実に“包囲されて行く“、我々の課税環境

一見、香港とはあまり関連が無いようなことではありますが、国際課税をベースに考える …

no image
11月中旬、海外法人設立個別相談会(無料) 東京銀座にて開催いたします

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
日本の生命保険に関する税法上の違いとは?-2

昨今では国を跨る様々な法的規制の整備や商品提供を行う側の商業的な目的が優先されて …

no image
香港の国際競争力の“低下”について

スイスのビジネススクールであるIMD(国際経済開発研究所)は毎年、世界中の国々( …

banner_meeting
【2016年3月】香港法人・オフショア法人設立 個別相談会 東京銀座にて開催

CCM香港では定期的に香港法人設立、オフショア法人設立の為の個別相談会を開催して …

no image
中国で日本人の現地採用を行う場合の対処とは?

海外進出を行うとどの会社も現地人を優先して雇うケースと、現地で生活をしている日本 …