CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【 “クレド”が作る社内文化と成長 】

海外でも国内でも会社を成長させる際に重要な項目はいくつもあります。

そんな中でも会社にとって「社是」、あるいはスティーブン・R・コヴィー博士の名著『七つの習慣』などでも
紹介されている”ミッションステートメント”と言う概念を重視し邁進する会社様も存在します。

サービスのモデルケースが満載であるホテル業の中でも老舗中の老舗である、あの『リッツカールトン』では
そのミッションステートメントを今回の表題の用語=”クレド”(信条)と呼んで従業員の全てが所有しているそうです。

往々にしてこうした「宣言事」と言うものは、経営層の人間のみがそれを考えトップダウンで後に続く従業員達に
“押し付ける”ものとなりがちですが、リッツのそれは、むしろボトムアップ(下から上)したものをその骨子に置いている
と言うから驚きを感じ得ません。

そしてその内容は下にご紹介しております6つの構成から成り立っており、これを社員全員がカードとして
常に携帯すると言うもののようです。

このクレドによってリッツの社員はサービスの現場に立つ時(=実践時)、自分の行動を律して最高のサービスを
提供するための存在となる…。

世界一のサービス企業と評価される会社の従業員が、何故、先の先まで考えたサービスが出来るのか?
彼らの秘密を垣間見るようですね。

■ リッツカールトン 6つのクレド(信条) ■
1.サービスの3ステップ
2.モットー
3.従業員への約束
4.クレド
5.サービスバリュー
6.ミスティーク

 - ビジネス, 日本, 税金・税務 , , , , , ,

  関連記事

no image
香港とシンガポール、似て非なる兄弟?それとも双子?

仮に、アジアに於けるオフショア市場をリードする国(地域)を“挙げて見なさい”と言 …

no image
【 PE認定課税に於ける判定ー事例 】

香港やシンガポールなどに海外法人設立を行いますと、その税率から移転価格の問題やタ …

no image
“非居住者”になっても課税が発生する項目とは?

事業で成功したり、親からの遺産を相続したりすることで財を成される方々が多くの場合 …

no image
海外駐在期間が短縮された場合と延長になった場合の対応

駐在の期間変更と言うのは時と場合によって発生する可能性があります。例えば当初、一 …

no image
日本で3番目に大きな税務訴訟の事例となった「IBM事件」

企業側と国側の税金を巡る訴訟と言うのはいつの時代も熾烈を極めるものです。特に案件 …

no image
中国進出時のトラブル発展例(会計/工場編)

 日本企業が中国に進出する際は大きく分けて直接投資(直接進出)か、間接投資(香港 …

国会議事堂
” 日本法人税税率引き下げ “政策の骨子、ついに固まる

  本日の日経新聞の一面でも大々的に報道されている通り、かねてから審議 …

no image
香港進出の為の基礎知識とは?

今回は香港進出をお考えの方々に取って必要となる基礎的な知識・情報をご案内したいと …

no image
駐在者(及びご家族)が加入する、海外旅行保険について

海外に赴任と言う形になるとその期間に於ける健康上のリスクを言うのは格段に上がりま …

no image
【 課税逃れ 特許移転にも網 】

9月1日付けの日経一面に、同上のタイトルで「 G20及びOECD(経済協力開発機 …