CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【 海外一流大学への”パスポート”たる国際バカロレアとは? 】

富裕層や起業家の方々を問わず、香港やシンガポールなど海外に移住をして来た日本人の方々がほぼ全員が口にするのがお子様達の教育問題に”どう対処するか?”です。

香港は国際金融センターだけでなく、教育の視点からも世界有数の地域と考えられています。インターナショナルスクールでは文字通り英語をベースとした国際的な教育環境下で生徒は学ぶ事ができますし、ローカルスクールとて教育の充実に余念がありません。

そんな教育環境を創出している香港ですが、特にインター校の中には世界の一流大学で「入学資格」として活用されている《国際バカロレアプログラム》が採用されている学校があります。

この《国際バカロレアプログラム》とは、3歳から19歳までを対象とした教育プログラムの総称のことで、もともとその発祥の地は国際機関の多くが集まるスイスです。このプログラムの目的は何かと言うと、将来の”国際人予備軍”たる前途有望な若者達が世界各国の大学に円滑に進学できるようにする為であり、またその為に「世界統一試験形式」を取り入れている点が特色です。

実際、この試験そのものは日本の受験のようなマークシート方式とは違い、論文形式と口述形式の2つから構成されていて、その試験期間は3週間も続くと言うハードなものです。こうなると日本の典型的な”詰め込み(暗記)型”の勉強では太刀打ちなど出来ませんので、本当に自分なりの考えや答えを持ち合わせていないと良い点数を稼ぎ出すのは不可能となります。

安倍政権が掲げた政策目標のひとつが《国際バカロレア認定校と候補校を2018年までに200校以上にする》とのことですが、果たして国内の教育機関はどこまでその準備を進めているでしょう?

目の付け所は良いですが、内容が伴わなくては株価同様、”張り子の虎”となり兼ねません。

 - 日本, 海外移住・国際 , ,

  関連記事

no image
適用間近となる非居住者口座情報の自動交換制度

非居住者口座情報自動交換制度が始まります。この制度の“適用対象者”と言うのは自国 …

no image
7月は、国税の異動の季節(2)

前回の(1)では、国税組織の事務年度が毎年7月1日から翌年の6月末までであり、そ …

no image
酒税法改正の動き、我々のビールにも。

日本であろうが海外であろうが、仕事や運動などの後に飲むビールは最高です。 季節的 …

国会議事堂
日本法人税率引き下げとその余波

  11月28日付けの日経新聞でも発表があった、法人実効税率の引き下げ …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
中国と日本の課税方式の違いとは?

中国で事業活動を開始する際は様々な点を周到に用意する事が肝要です。 しかしながら …

no image
公示価格から見た地価の動向

今から約2ヶ月前の3月21日、国土交通省から国内の地価公示価格が発表されました。 …

no image
アベノミクスの方向性と2015年、最初の増税

2014年30日に自民、公明両党は2015年度与党税制改正大綱を決定致しました。 …

banner_meeting
2018年4月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
中国/ 183日ルール:そのカウントの方法

香港に販売拠点などを置き、中国国内にある生産工場で仕事をされる駐在員の方々や、応 …