CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・活用するための最新情報

海外節税のための『ミクロネシア法人』と言う選択肢の検討

海外節税のための『ミクロネシア法人』と言う選択肢の検討

タックスヘイブン対策税制を回避する為の方法とは?

ミクロネシアスキームとは

日本国の税法が改正されるとその都度節税の方法も変化して行きます。国内に於いては伝統的な手法である生保商品の活用や、近年ではタワーマンションを使った節税等々…、あの手この手の方法でその数は増えて行き、そして同時にそれまで有効とされた多くの手法は姿を消す(効力を失う)運命となります。

海外に目を移しますと、海外法人設立を行なう事によって国内・国外の収益の分断化を行い配当を国内へ還流させる事で企業体力を付けるものなどが代表的ですが、今回はその選択肢としてにわかに関心が高まっているミクロネシアスキームについてご案内させて頂きたいと思います。さてこのミクロネシアが提供するプランと言うものは一体何なのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP『香港を利用して合法的に行なう海外節税手法、ミクロネシア・スキームとは?』より

 

 - BVI法人, 日本, 海外法人(オフショア法人), 税金・税務 , , , , , , , ,

  関連記事

質問
香港でなぜ海外のオフショア法人が設立出来るのです?

香港でなぜ海外法人が設立出来るのです? <お問い合わせ> 香港でもBVI法人やセ …

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

3d people - man, people push up word "tax"
【日本の税務調査の基礎知識 (3)】

日本の税務調査の基礎知識の第三弾(今回で3回シリーズ終了)として国税庁による調査 …

移住
【 出国税(海外移住税)についての考察① 】

来月7月1日から、あの『出国税』(=海外移住税)が適用されることになります。 こ …

no image
【平成27年度税制改正大綱~まとめ】

昨年12月30日に平成27年度の税制改正大綱が発表されましたのでポイントを纏めて …

no image
7月は、国税の異動の季節(2)

前回の(1)では、国税組織の事務年度が毎年7月1日から翌年の6月末までであり、そ …

no image
トランプ大統領就任から見る国際税務の変化

先月の20日、世界の目が米国ワシントンDCに集まりました。それは昨年の大統領選を …

no image
【本社機能の海外移転スキーム(三角合併)のステップと留意点】

本社、特に本社が提供する機能の海外への移転に関しましては昨今様々な企業様の間で検 …

no image
香港・海外進出時に重要な事と言うのは?

香港のみならず海外進出をされる際はマーケットリサーチを筆頭とした様々な項目を事前 …

no image
米国の法人税率引き下げがオフショア市場に与える影響

アメリカのトランプ大統領が自国の法人税率を20%まで引き下げと言う、大統領選キャ …