CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・活用するための最新情報

海外節税のための『ミクロネシア法人』と言う選択肢の検討

海外節税のための『ミクロネシア法人』と言う選択肢の検討

タックスヘイブン対策税制を回避する為の方法とは?

ミクロネシアスキームとは

日本国の税法が改正されるとその都度節税の方法も変化して行きます。国内に於いては伝統的な手法である生保商品の活用や、近年ではタワーマンションを使った節税等々…、あの手この手の方法でその数は増えて行き、そして同時にそれまで有効とされた多くの手法は姿を消す(効力を失う)運命となります。

海外に目を移しますと、海外法人設立を行なう事によって国内・国外の収益の分断化を行い配当を国内へ還流させる事で企業体力を付けるものなどが代表的ですが、今回はその選択肢としてにわかに関心が高まっているミクロネシアスキームについてご案内させて頂きたいと思います。さてこのミクロネシアが提供するプランと言うものは一体何なのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP『香港を利用して合法的に行なう海外節税手法、ミクロネシア・スキームとは?』より

 

 - BVI法人, 日本, 海外法人(オフショア法人), 税金・税務 , , , , , , , ,

  関連記事

no image
香港・海外進出時に重要な事と言うのは?

香港のみならず海外進出をされる際はマーケットリサーチを筆頭とした様々な項目を事前 …

no image
世界最強のコンサルティング会社

経営に横たわる問題点を瞬く間に発見し、その解決策を提案するコンサルティング会社は …

no image
7月は、国税職員の異動の季節(1)

移動の時期というのは何かとバタバタする時期でもあり、今までの雰囲気と言うものが、 …

no image
【どちらが優先?中国国内税法と日中租税条約のルールが異なる場合】

日本と中国も他の多くの国々同様、『租税条約』なるものを締結しています。例えば&# …

アイキャッチ:セミナー150x150
香港会社設立オンラインセミナー(2016年1月13日開催)

【香港法人、BVI、セーシェル他オフショア法人設立セミナー情報】 個人でも法人で …

マイナンバー
【マイナンバー法案改正から見える未来】

マイナンバー法案改正によって、銀行預金口座にまでこの番号を紐付けて行くことが決定 …

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
海外法人設立個別相談会(無料) 東京銀座・大阪にて開催いたします

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
いったい何が問題?パナマ文書狂想曲

中南米の小国、パナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ法律事務所」から流出し …