CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【 IFAとは何なのか? 】

弊社では日頃、海外法人設立をサービスの主体としてお客様にご案内していますが、その中には海外投資などを
個人でも行いたいという問合せもございます。実際、この海外投資を日本のお客様が念頭としてお考えになられる場合、
その情報収集の一歩としてコンタクトを取られるのが海外に精通していると見られるFPや会計事務所、あるいは税理士です。

その過程において多くの場面で上記の専門家達が口にするある言葉、それが今回ご紹介させてする “IFA”というもの。
この”IFA”とは一体どういったものなのでしょうか?

“IFA”を英語で正式に表記するとそれは、” Independent Financial Advisor “ 、直訳すると『独立系金融助言業者』となります。

そしてこのIFAの基本的な立ち位置というのは、例えば日本の生保の代理店などのように、会社(生命保険会社)側が
販売したい商品をお客様に売(りつけ?)ると言うものではなく、お客様のご要望をその専門知識やネットワークを利用する事で
理想のポートフォリオを作成し、より充実したご自身の資産形成上のターゲットを達成して行くことをお手伝いする、そんなポジション
であると言えます。

事実、彼等がお客様にご案内する商品と言うのは(日本国内では)想像も出来ないような利回りが享受出来うる可能性を持つ
金融商品であったり、また香港などが敷く社会制度(特に税制度)を存分に利用する事でこうした海外資産を安全に保全する提案
などを行なったりします。投資先の商品例を挙げますと例えば債券であり、保険を利用して運用する投資信託、
ランドバンキング等々…枚挙に暇がありません。

しかしながら、良い面だけでは片手落ちである事も事実です。

実勢として香港でも(数百社に登ると考えられている)IFA会社の中には顧客サイドに立たない事でトラブルに繋がるようなケースが
実在しているは確かであったりするなど、その質は”玉石混合”。

更にこのIFAとお客様を繋ぐ日本の斡旋業者の中にも悪徳商法を平然と実施する会社もあるため、お客様側がしっかりとした見識を
深める為の知識武装を常時行って行く事は今や必須事項の筆頭と言っても過言ではないでしょう。

 - 海外法人(オフショア法人)

  関連記事

no image
平成30年4月1日以降開始年度に影響を及ぼすタックスヘイブン税制の改正

今年の12月14日、国税庁から税制大綱が発表されました。毎年、この時期になると翌 …

no image
タックスヘイブン地域にない海外子会社にタックスヘイブン対策税制が適用されてしまったら

「タックスヘイブン対策税制」が該当される際にはその定義として税率が①20%未満の …

no image
香港法人税、ついに一桁台に!

とうとうと言うか、遂に香港が法人税率一桁台の領域に踏み出す決心をしました。去る2 …

banner_meeting
【2016年1月】香港法人・オフショア法人設立 個別相談会 東京銀座にて開催

CCM香港では定期的に香港法人設立、オフショア法人設立の為の個別相談会を開催して …

no image
海外絡みの「M&A」別、税務論点を考える【コーヒーブレイク】

良く企業が業績を維持する際に使用する方法というのは、「M&A」と言われています。 …

no image
香港と香港法人の優位性とは?

今月香港では新行政長官からの発表で法人税の税率を一部16.5%から50%オフの8 …

no image
タックスヘイブン対策税制とは?

海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ …

no image
タックスヘイブン税制が企業に求める「文書化」の義務2

軽課税地域とされる香港は常に税務的な視点からオンショア国の標的になります。実際、 …

no image
支店として海外に進出する場合に留意しなくてはならない事

海外進出を検討されている企業は、一定の市場リサーチなどを終えた後に進出方法を決定 …

no image
本社と海外子会社の間にある“溝”

昨今、『海外進出』の際の問題点の中には海外子会社に於ける危機管理対応があります。 …