CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港ビジネス活用術オンラインセミナー 7/19(木)開催

seminar_img_houjin

7月の無料オンラインセミナーの開催日が決定いたしましたので、お知らせいたします。

今回、仮想通貨メインのセミナーはありません。香港法人・オフショア法人に関するセミナーを1時間行います。

海外法人を設立を検討されている方、海外法人を設立して数年経過している方、どちらの方にも必見の内容となっております。

ぜひ、ご参加ください。

【 開催日時 】
2018年7月19日(木) 20:00~21:00 <オンラインセミナー>
詳しくはこちらから→ 香港ビジネス活用術 オンラインセミナー

【 主な内容 】
■香港ビジネス活用術<総合編>(20:00~21:00)
1.香港を活用する理由
・香港基礎情報(1) 概要
・香港の基礎情報(2) 国際金融センターとしての横顔
・香港の基礎情報(3) 日本との比較で分かる、香港選択のメリット
・ワールドクラスの金融機関が鎬を削る環境

2.進出の為のノウハウ
・進出パターンのご紹介
・設立タイムフレームと強制制度について
・進出(香港&中国)の事例とメリット
・進出形態の違いによる実質税率比較
・日本=”税金大国”と言われる所以
・香港税制の概要

3. 香港の利用価値 “第三国”と言うオプション
・香港を利用した”ゼロ課税地域進出”オプション
・オフショア法人の特色
・オフショア法人の活用事例
・どちらがお得?オフショア vs. 香港
・3拠点(香港、オフショア、日本)の比較軸

4.その他事前にかならず認識しておくべき項目
・昨今の国内トレンド(国家対個人)
・対外国関係会社に厳しい課税制度
・銀行口座開設突破の為の”黄金律”
・銀行口座開設以外のオプション
・仮想通貨+法人設立?
・法人設立後の運用について
・セミナーから個別相談へのステップ

※セミナー内容は変更となる場合がございます

日本全国、海外どこからでもPCとインターネットがあればどなたでも参加頂けます。
CCM香港が提供する海外法人設立、香港法人設立のセミナーのお申込はこちら

 - お知らせ, 法人設立セミナー, 海外法人(オフショア法人), 香港法人 , , ,

  関連記事

no image
タックスヘイブン対策税制とは?

海外に法人を設立すると、必ず進出先の国の税制との絡みから検討項目のひとつとしてあ …

favicon512
CCM香港の香港出店マーケティングサポート

日本国内のみで業務をしている中小企業様に対して中国・東南アジアのゲートウェイであ …

IMG-20160108-WA0001
CCM香港プレゼント企画 「HSBCオリジナル2016年干支キーホルダーを10名様にプレゼント!」

日頃より当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。 CCM香港より皆様に感 …

no image
香港法人が日本法人から配当を受け取る場合ってどうなるの?

日本居住の方々にとっては日本の会社に勤めると云うパターンが極めて一般的なこととな …

no image
【重要】 CCM香港 臨時休業のお知らせ

平素は格別のお引きたてを賜り誠にありがとうございます。 弊社CCM香港は、下記の …

no image
今更聞けない香港ビジネス基礎事項② ~会計監査はどうしても必要?〜

香港で会社を設立をする方々の多くから質問として挙るひとつに会計監査実施の必要性の …

HK_Immigration_Logo.svg
香港就労ビザ取得の必要性

香港にて短期商用活動を行う際の就労ビザ取得に関する注意喚起 香港では、「訪問ビザ …

no image
タックスヘイブン地域にない海外子会社にタックスヘイブン対策税制が適用されてしまったら

「タックスヘイブン対策税制」が該当される際にはその定義として税率が①20%未満の …

no image
ここ数年から見る香港の将来

1997年に返還されて以来、香港は中国に対して一定の独立性の維持を約束されながら …

no image
コーポレートトレジャリーセンターから法人税率半額に至る香港の事情

香港は海外に対して非常に低い法人税率や所得税率を提供し、かつ様々な環境要素を整え …