CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

海外法人設立時に良く聞く「ノミニー」とは一体何?

香港だけでなくBVI(英国領ヴァージン諸島)やサモア、セーシェル等の地域や国々に進出をしようと検討する際、その為に設立業者達と打ち合わせの機会を持つことなどあることがありますが、その話の中で彼等の口から時々、「ノミニー」と言う言葉が発せられることがあります。

この時、話の流れ上で何となくその場の雰囲気に合わせてしまったりしてやり過ごしてしまったりする方々も意外に多いのではないかと思いますが、これが意味するところというのは何なのかと言うことや、またその機能、メリット&デメリットついて掘り下げが個別に行われることと言うのは余り無いと言えます。

そうした形のご要望に応える形で今回はこの「ノミニー」と言う言葉に焦点を当て、その役目から来るメリットやデメリットをご案内させて頂きます。

詳しくはCCM香港HP
「ノミニー」を立てる意味とその効能とは?

 - 海外法人(オフショア法人), 設立, 設立, 香港法人 , , ,

  関連記事

no image
香港会社設立オンラインセミナー 2.ステップアップ香港編 11/24(水)開催

【 香港法人、BVI、セーシェル他オフショア法人設立セミナー情報 】 個人でも法 …

no image
今更聞けない香港のビジネス基礎事項⑦~香港における監査意見について

よく聞かれる質問のひとつに日本における監査意見との違いがあります。何故このような …

no image
香港法人が日本法人から配当を受け取る場合ってどうなるの?

日本居住の方々にとっては日本の会社に勤めると云うパターンが極めて一般的なこととな …

no image
香港法人、設立の手順から運営までー1

海外に進出を行う場合、企業はそれぞれの進出目的・事業の内容を考慮して、「現地法人 …

no image
オフショア法人vs香港法人

日頃承る質問の中でも多いのが表題のマーケットの比較であり、今回は下に挙げるいくつ …

seminar_nanami_img
海外法人設立+仮想通貨オンラインセミナー 8/21(火)開催

グラビアアイドルから株ドル、そして現在はビットコインクィーンとして仮想通貨を中心 …

no image
それでも引っ掛かる「移転価格税制」について

海外との取引で一番注意しなくてはならない税制と言うのは、やはり「移転価格」と言う …

no image
香港IPO、今こそが『旬』?

昨今の香港の状況は、経済学者や金融の専門家の言葉を借りるまでもなく、厳しい評価を …

no image
個人事業主やパートナーシップ形式を取って「香港進出」を実現する

香港に事業進出を行うとお考えである方々にとっては恐らく事業形態の検討を計画の最初 …

no image
【 香港の労働基準 】

香港への(事業)進出形態は多岐に分かれておりますので特定は出来ませんが、こと実業 …