CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

香港におけるAI事情について

2023年と言う年は一般人にとっても生活の中に明確にAI(人工知能)と言うものの存在を意識させるに足る一年となりました。TVやSNS、或いは企業が行う街の宣伝広告等々・・・今や至る所にこの“AIを利用して・・・“と言うような枕詞(まくらことば)が溢れ返り、あたかもそれらは従来のものと比較して一段も二段も高い精度を実現したサービスや商品が提供されるかのような雰囲気を醸し出しています。勿論、情報のベースとなる材料は(現時点では)まだ“玉石混合“であるのは否めない部分がありますが、それでも集積したデータ量の膨大さはそれまで人類が経験したことのないようなレベルのものがあり、また今この瞬間でもそれらから導き出される回答と言うものは、一層の精度が増していると言うことに異論を唱える方々はいないでしょう。

そして今回、表題として挙げた“香港におけるAI事情“と言うのは、先進国同士が最早相互依存している環境であることを鑑みると我が国にとっても“対岸の火事“的なものとして簡単に切り捨てる類いのものでは無いのは明らかです。むしろ香港がこのAIに対して一体何を考え、また取り組んで来たのか?と言うことを知ることは今後の我が国の指針のひとつとなるのは間違いないことであると言えるでしょう。

香港のAI事情、一体どのような体制が敷かれて来ているものなのでしょうか?

詳しくはCCM香港HP
AIに対する香港の現在の取り組み事情とは、一体どの程度まで進んでいるのか?

 - 生活, 香港 , , , , ,

  関連記事

no image
ビジネスシーンとして見た香港の現状

8月12日、香港国際空港にはエアポート埋め尽くさんばかりの人垣が集まり、例の「逃 …

no image
香港の構造上の有利点とは何か?-2

香港を世界有数の地位に押し上げたく構造上の有利な点と言うのは前回、ご案内した「金 …

no image
【コーヒーブレイク】香港のエンタメ=香港映画界の成り立ちについて

香港はサイズにして東京都の70%程度、また僅か700万人程が住む小さなテリトリー …

no image
【重要】偽メールを利用した香港への送金依頼詐欺に関する注意喚起

在香港日本国領事館より重要なお知らせが発表されました。 海外企業との間で取引を複 …

no image
増加する香港IPOを目指す日系企業

アベノミクスの失速などもその背景としてあるのかも知れませんが、冷え込んでいる東京 …

no image
今日の香港は明日の台湾 〜台湾総統選が残すもの〜

2020年になってから11日後に行われた台湾総統選の結果が出ました。総統選の事前 …

no image
『香港国家安全維持法』導入から3年経過:影響と現状の分析

『香港国家安全維持法』の導入から早くも3年が経過しました。導入当初の騒ぎは別とし …

no image
タックスヘイブン地域に移る際の保有株式の譲渡について

香港は言わずと知れた“タックスヘイブン”と称される地域のひとつです。この言葉、「 …

no image
旧正月だからこそ“ちょっとした変化”が訪れる香港と、その歴史的な意味合い

我々日本人は、アジアに位置しながら、一部を除いて余り周辺国家について知る機会があ …

no image
日本より厳しい?香港のスパルタ教育システム

世界を見渡しても香港人ほど教育に対する意識が強い人種は中々存在しないでしょう。日 …