CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】 日産を襲った衝撃、カルロス・ゴーンの逮捕劇についてー1

11月19日、既に世間一般でも周知の通り、日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン容疑者が東京地検特捜部により逮捕されました。この衝撃的な事件は、それこそその日の内に地球の裏側にまで届く程のインパクトを持って報道がされる事となった訳ですが、現時点では拘留されているゴーン容疑者自身からの公的なコメントなどが何ら発せられていない状況である為、事の成り行きについては様々な憶測が飛び交っています。

今回の容疑の焦点となっている部分と言うのは、有価証券報告書上に関するゴーン容疑者の報酬の過少申告と言うのが中心に置かれていますが、今回のスキャンダルの中では日本とフランス以外の国が何気に組み込まれていることに気がつかれた方は居るでしょうか?それは、ゴーン容疑者が行ったとされる資産管理会社が所在するオランダのことです。

このオランダと言う国は、こと特殊スキームなどの設置場所として香港やシンガポール等と並び度々使用される国のひとつであり、特にヨーロッパ諸国の税務絡みの問題では重要な働きを演じることがあります。

今回及び次回は、連日報道されているこのゴーン容疑者絡みのトピックとして、オランダの機能のご紹介と、税務面での解釈について触れて行きます。

詳しくはCCM香港HP
カルロス・ゴーンも使用した「オランダ」と言う国の特異性

 - お役立ち情報

  関連記事

no image
香港に於ける「個人情報」の取扱いについて-1

昨今は国を問わず個人に関する情報と言うものに対して人々の意識は鋭敏になって参りま …

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

no image
海外で銀行口座開設を行う際に心掛けて欲しいこと2

香港やシンガポールだけでなく、“タックスヘイブン”と称される低課税地域や国での銀 …

no image
“非香港会社”としての香港進出とは?

香港進出には何も「個人会社」形式や「パートナーシップ」形式、或いは「現地法人」形 …

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
弊社に寄せられる、よくある質問

海外法人設立を主体とする弊社業務は香港や中国を中心とした多くの質問が寄せられます …

no image
2016年、大きく変化した銀行口座模様

2016年もあともう数日を残すばかりとなりました。弊社のような海外法人設立を行な …

no image
海外に支店を設置すると言う事

『海外進出』の際に本部が検討するオプションの中には、果たしてそれを『現地法人』と …

3d people - man, people push up word "tax"
【香港ワンポイント -香港法人に日本の税金?】

【 質問 】 日本法人や日本の居住者が株主となっている香港法人の所得について、日 …

no image
中国企業から見た直接投資先としての香港の価値

多くの切り口として日本をベースに考え、その“投資先”と言う括りで外国を評価するリ …