CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

【コーヒーブレイク】「株式買収」と「資産買収」、海外進出をする時はどのような基準でどちらを選ぶのか?

新型コロナウィルス感染症の発生によって“パンデミック“が世界に拡がり、先の見通しが立たない状況下に入っている昨今ですが、こうした“見えない“時代に入ると企業の海外オペレーションの維持や拡大についてはそれなりに慎重な選択が必要になって来ます。

例えば買収をする形で拡充を目指すにしたとしても、その選択肢については(コロナ禍以前のような「株式買収」一辺倒ではなく、もう少し、そのニーズについて検証を行うなどしてその方法論にメスを入れることが肝要でしょう。今回は“コーヒーブレイク“として、企業や事業の買収を行う際、従来のような「株式」での買収という手段を取るのが良いのか?或いは他の手段、例えば「資産」だけにフォーカスを絞った形で行う買収の方が良いのか?という論点で考察を行なってみます。

詳しくはCCM香港HP
メリット?デメリット?買収手段についてのいろいろ

 - お役立ち情報, ビジネス, 日本, 海外法人(オフショア法人), 海外駐在, 税金・税務, 設立, 設立, 香港法人 , , , , ,

  関連記事

no image
進出金融機関数から見る香港の横顔

国際金融センターと呼ばれて久しいこの香港ですが、ここに進出を果たしている金融機関 …

no image
海外財産トラブル!亡くなった家族の遺産相続はどうすれば?

【ポイントその1】 遺産税はゼロ 2006年2月11日以降に亡くなられた方につい …

no image
香港での納税義務のタイミング

どの国においても税金の“未払い”と言う事由に対してはそれなりの代償(罰金&法的な …

no image
【 世界消費税ランキング 】

日本も消費税が5%から8%へと上昇し、そして2017年4月にはとうとう大台の10 …

no image
ジョイントアカウント(共同口座)を保有している際の課税とは?-2

「共同口座」を巡る税務上の解釈と言うものは日本と香港とではまるで共通性が無いこと …

no image
タックスヘイブン対策税制上、唯一例外とされる”統括会社”とは?

香港は税率が法人税、個人所得税共に20%以下であると言う事実もありますので、&# …

no image
増加する香港IPOを目指す日系企業

アベノミクスの失速などもその背景としてあるのかも知れませんが、冷え込んでいる東京 …

no image
海外における経営現地化の難しさ

海外展開を行う企業にとっては昔も今も恒常的課題として横たわるのは海外現地化への舵 …

no image
香港が狙う、CTC(財務統括拠点)を利用した新たな戦略

香港の利得税(法人税)の税率は16.5%であり、アジアでも際立って低い事は周知の …

no image
駐在員が欲する研修とは?

某リサーチ会社が行ったアンケートによると、駐在員、駐在経験者に”受け …