CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

様々な統治者によって支配を受けて来た香港の歴史

香港の歴史は、中国をはじめとするさまざまな支配者による変遷を経てきました。返還前の英国や一時的ながら占領時代の日本など、香港は多くの統治者によって方向づけられてきたのです。現在、香港は中国のイメージが非常に強いですが、実際には中国だけでなく、他の国々からの文化的な影響も受けました。このことにより、香港は他の中国の地域とは異なる独自の雰囲気を持つようになりました。

実際、香港のような統治者の変更が頻繁に起こる場所は、島国である私たちの国とは対照的です。常に他国と陸続きの状況にあることは、つまり「侵略のリスク」が日常生活の一部であることを意味します。この前提条件は香港とその住民のメンタリティに大きな影響を与えたと言えるでしょう。

今回のBlog では、そんな環境下で今まで歴史を繋いで来た香港のその時々の統治者(=支配者)と、統治者が敷いた施策、またその背景などにフォーカスを当て、それぞれの期間に一体誰が何をどのようにする事で対応して来たのか?と言う視点で考察します。

詳しくはCCM香港HP
香港の歴史を司った数々の統治者たちとその施策の特徴

 - お役立ち情報, 歴史, 香港 , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
“隙“を突き続ける中国と香港が向き合わなくてはならない“窮状“

既に多くのメディアを通して発信されている情報ではありますが、新型コロナウィルスの …

IMG_5465.JPG
香港なら朝食も担々麺!!

朝から四川料理を食べる!! CCMの事務所から徒歩一分の所に、実はスタッフご贔屓 …

no image
香港での法人税の申告手続上の注意

香港に進出を果たされ、意気揚々と事業を展開されて行く“攻め”の部分に長けていらっ …

no image
国際税務の基本を押さえる為に必要なこと【コーヒーブレイク】

外国進出を行うと言うことはその国での決まり事を確りと押さえた上で慎重に計画を立て …

global-warming-2958988_640
香港政府が発表した「香港気候行動計画」とは?

2021年10月31日、英国グラスゴーで国連気候変動枠組条約第26回締約国会議( …

no image
2019年を経た香港の“これから”

「2019年」と言う年は香港と香港人、また香港と何等かの関係を持った(持っている …

no image
香港法人の会計監査まで手が廻らない…?コンサルティングの必要性とは。

香港進出などをされるお客様は、タイプ的に2つに大別されると云っても過言では無いか …

no image
世界(アジア)は何故、このBEPSプロジェクトを推進することになったのか?-2

昨今の租税を巡る国際的なムーブメントの中で特に重要なものと考えられている動きと言 …

no image
香港法人税、ついに一桁台に!

とうとうと言うか、遂に香港が法人税率一桁台の領域に踏み出す決心をしました。去る2 …

no image
本社と海外子会社の間にある“溝”

昨今、『海外進出』の際の問題点の中には海外子会社に於ける危機管理対応があります。 …