CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

色々と課題点が多い?『一帯一路』と『CEPA』の現状(2)

やはり現在の状況を多くの面から鑑みると、香港が“大変革“を迎えた年というのは英国から中国へ主権が移動したタイミングであったと言えます。この返還が起点となり”主権“を取り戻した中国は独自の計画をスタートさせ、それがハッキリとした形となって世間に表われたと言うのが(習近平政権の標榜する)『一帯一路』であったと言うのは間違いではない事でしょう。前回のBlogも触れましたが、この『一帯一路』が及ぼしたインパクトと言うのは国内外で絶大なものであり、その為、既に12年前にスタートしていた香港と中国との関係に限定するCEPA(香港・中国経済貿易緊密化協定)のイメージはこれで“吹き飛んでしまった“と言っても過言ではありません。

それ故、今後の政策をどのように策定しそれらを現場レベルに落とし込んで行くのか?と言うのが重要な課題になって行く訳ですが、今回は改めてこの二つの制度を俯瞰し、今後の中国・香港の関係において今まで以上に大きな動きの”核”となる『一帯一路』と『CEPA(香港・中国経済貿易緊密化協定)』の役割を占いつつその未来の可能性を見て行くことにします。

詳しくはCCM香港HP
“制度“を飲み込む“制度“?「最適解」をどのように香港と中国は出して行くつもりなのか?

 - お役立ち情報, 生活, 香港 , ,

  関連記事

bitcoin
仮想通貨(暗号通貨)に関する所得の計算方法等についてー1

日本国の税法では、ビットコインやイーサリアム、リップルをはじめとする仮想通貨(暗 …

no image
香港競馬から見る、コロナ禍における我が国のオリンピック対策の乏しさ

ご存知の通り、東京オリンピックはどうやら“強行開催“の線が強くなったようです。 …

no image
中国駐在前に押さえて置くこと(中国での所得申告と納税は毎月?)

日本や香港では給与所得に関する申告と納税は年1度というのが当たり前ですが、中国に …

no image
香港を巡るBNO対策で対立する中国と英国

香港を巡って中国と英国の対立が激しさを増しています。その対立の焦点となっているこ …

HSBC00
“難民化”しつつある、昨今の銀行口座開設希望者事情

既にこのCCM香港のコラムでも何回にも渡って昨今の香港での銀行口座開設事情の変化 …

no image
点在する海外子会社を「中間持株会社」下に置く際の課税とは?

一時、かなりの数の企業が税制上有利とされる香港やシンガポール等を前提に、それら以 …

virus-6852618_640
香港で発生したオミクロン株感染2例について

この2年に渡って世界を席巻して来た新型コロナウィルス感染症の影響がようやく沈静化 …

no image
「飲茶」と言う文化を育む香港の魅力

2024年も5月に入り、日本ではGW(ゴールデンウィーク)シーズンが終わりました …

no image
香港の雨傘運動、この4年は何だったのか?

香港が中国からの圧力異議を示す形で市民間に拡がった2014年の「雨傘運動」、別名 …

no image
『一帯一路』に組み込まれて行く香港

中国国家主席である習近平の壮大な構想によって2013年にスタートした中国の『一帯 …