CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

進出金融機関数から見る香港の横顔

国際金融センターと呼ばれて久しいこの香港ですが、ここに進出を果たしている金融機関の数を見ただけでもその競争の激しさを感じることが出来ます。

2012年度の数字になりますが、その時点で当地に進出を果たしている銀行数は250を超えるに至りました。また、保険会社の数も174社と発表されております。一見、感覚的には(意外と多いじゃないか…)などと思われる方々がいらっしゃることと思いますが、実際この数字の凄さと言うのは、ある程度の認識はすれど、それがどれ程のものなのかは実感が湧かないと言うのが正直なところではないでしょうか。

今回は、それをより具体的にイメージして頂く為に、比較の対象として日本にある国内外の銀行数と保険会社数を調べて見ました。

以下、その結果はまさに驚くべきものとなりましたのでご紹介致します。

◆銀行数:
<香港> 260行
<日本> 200行

◆保険会社数:
<香港> 174社(損保117社、生保47社、生損保兼営10社)
<日本> 96社(損保53社、生保43社)

上記を見ると、その数自体はそれ程変わらないとの印象を持たれてしまいますが、ここでもう一つの比較要素を入れるとその印象は一変します。

それは各々のマーケットの分母となる”人口”です。

◆人口
<香港>約700万人
<日本>約13,000万人

日本の人口は香港の約18倍強。

つまり、それ程のマーケット規模の違いがありながら、香港にあるこれらの金融機関の数は日本のそれよりも多いのです。

ご参考までに、仮に香港の人口が日本のレベルまであった場合にそれらの数字がどう変わるのかをご案内します。

前提条件:
香港の人口が仮に13,000万人だったら、香港にある銀行数&保険会社数はどれだけ変わるのか?

◆結果
銀行数:4,680行(260 行X 18)
保険会社数:3,132社(174社X 18)

銀行・保険会社の両方の数字を合わせますとその数は7,812 (!)まで膨張します。

この数字、日本にあるスターバックスの総店舗数の約8倍です。

しかもそれぞれが”別々の”会社であると言う事実も見逃せません。

まさに『国際金融センター』の名に恥じない数字ではありませんか。

 - お役立ち情報, 設立, 香港法人 ,

  関連記事

no image
株式売却の落とし穴

日本に恒久的施設を持たない法人は、通常は日本税制から見て“圏外”と考えられる傾向 …

no image
OECDが進める『自動的情報交換制度』の動向

日本を含めた海外の国々、特に先進国間を中心として『自動的情報交換制度』(英語:C …

no image
とうとうリセッションに入った香港

これは半ば予想された範疇の結果とも言えますが、2019年の財政収支として香港はと …

no image
「幸福度」ランキング 〜 香港は一体何位?

世の中と言うのものは兎角比較をしたがるものです。その対象となるのは無限にあると考 …

no image
国際税務の手法(海外資金還流について)

子会社と本社の間には常に「配当」と「利息」の議論が存在します。特に海外子会社とな …

no image
今、改めて…香港で法人を作るメリットとは?

国際金融センターとしてニューヨークやロンドンと並び、依然として香港の地位は非常に …

banner_meeting
11月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

banner_meeting
2018年4月の法人設立個別相談会のお知らせ

みなさま、こんにちは。CCM香港スタッフです。 CCM香港では定期的に香港法人設 …

no image
何かと面倒な、海外税務の対応について

毎年日本では税制大綱なるものが年末に掛けて大枠を決定し、年明けに正式発表、そして …

no image
香港で高級車や電気自動車を良く見る訳

香港を観光されると一部の観察力が鋭い方の中には香港の道路を走る自動車がかなりの割 …