CCM香港 スタッフブログ|香港法人、オフショア法人を設立・仮想通貨の活用するための最新情報

現在の金融市場の趨勢から香港とシンガポールの将来の展望を考えるとどうなるか?

ニューヨーク、ロンドンに続く形で世界第3位の国際金融センター、あるいはアジア圏随一のハブと言う意味で考えると一般的に香港もしくはシンガポールが挙げられます。両都市は金融の拠点と言う意味においてある種のライバル関係にあると同時に、英米法系のリーガル・システム、公用語としての英語、優れた金融規制当局の存在など、まるで双子かのように多くの共通点を有しています。そして両都市を定量的なデータを用いて比較した場合、現時点では金融市場の規模や外国銀行の数に置いて香港がシンガポールやや上待っていると言う状況ですが2019年以降の香港における社会的・政治的変化や2020年以降に始まった新型コロナウィルス感染症の世界的蔓延に伴う様々な感染症対策や規制の導入と言うのは、このアジアを代表する2大金融センターの在り方にも大きな影響をもたらすことになったのは記憶に新しい事でしょう。

特に香港は(後ろ盾になる中国の暴君振りも相俟ってか)シンガポール以上に深刻な影響を被っていると考えられています。香港は、その競争力の源泉であり拠り所である司法の独立性を筆頭として、自由、コスモポリタリズムを創出にあると考えられていますが相当コアな部分でそうした機能は毀損しているのではないかとも言われています。その証拠の一つとしてグローバル金融機関等が自社の役職員達をこの香港からシンガポールへと異動させると言ったような大きな動きが顕著になって来てもいるからです。一方で香港の凋落はシンガポールにとっては“香港を倒す“と言う…、まさに3度目の正直(?)的可能性が出て参りました。本稿では幾つかの代表的な最近の市場トレンド事例を引用し、この両都市の発展の行方がどうなるかを考察します。

詳しくはCCM香港HP
香港の未来はどうなる?ヒタヒタと忍び寄るシンガポールの存在の意味とその打開策とは?

 - 金融, 香港 , ,

  関連記事

no image
返還半期(25年)、宗主国目線から見る香港の動乱と今後

社会から影響を受けた個人の見方や考え方と言うものは、SNSなどが全盛となった今、 …

IMG_5310-1.jpg
香港のハロウィンは?

10月31日のハロウィンに向けて、香港の街中でもカボチャの飾り付けを目にするよう …

no image
香港の街並みにおける「看板」の課題

一般的に香港をイメージする際、多くの方々の念頭に先ず浮かぶ「光景」と言うのはあの …

no image
ジョイントアカウント(共同口座)を保有している際の課税とは?-2

「共同口座」を巡る税務上の解釈と言うものは日本と香港とではまるで共通性が無いこと …

no image
改めて「金融都市」としての発進を示唆した香港

香港ではほぼ毎年のように行われる“AFF”(Asian Financial Fo …

no image
香港に取って代わる日が訪れるか?中国・深センの野望-2

前回では共産党と国務院が発行した通達、いわゆる深センの発展をベースに置いた「深セ …

no image
香港の納税者番号(マイナンバー)とは?

日本でも導入されたマイナンバー制度ですが、香港はイギリスの植民地時代より香港ID …

face-mask-5391310_640
緩和措置はいつ?香港のコロナ対策の現状

各国は様々なコロナ対策を行ない、その効果については徐々に二極化の様相を見せ始めて …

no image
混乱期にある香港とそこに住む人々の意識

昨年6月に勃発した香港デモは、これまで幾つかの大きな衝突を経たこともあったことも …

no image
【重要】偽メールを利用した香港への送金依頼詐欺に関する注意喚起

在香港日本国領事館より重要なお知らせが発表されました。 海外企業との間で取引を複 …