1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. 香港 »
  4. 香港一般

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

香港 > 一般

香港の紙幣は3種類?

日本から見ると到底信じられないようなことが、一歩外国へ飛び出すと全く"日常"であったりすることが良くあります。

例えば「お金」と言うことを例に取っても、日本人から見るとびっくりしてしまうようなことが香港では当たり前になっています。

既にご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、ここ香港では硬貨と10ドル札以外の紙幣は、何れも"3種類"、別のタイプが存在しています。

3種類です。

つまり、具体的には20ドル、50ドル、100ドル、500ドル、そして1000ドルと言った紙幣が、それぞれ3パターンづつ存在していると言う事です。

では何故、3パターンなのか?

理由は拍子抜けするほど単純で、それはそれぞれ3種類の発行元がHSBC、中国銀行、スタンダード・チャータード銀行の3つに分かれているから、と言うことだけなのです。言い方を変えると、各々の銀行が好き勝手(!?)にデザインしたものが"流通紙幣"となって世の中に出て行っている・・・

これは日本では絶対に想像出来ない世界ですよね。実際、3タイプの1000円札が同時に存在すると言う事態を想像出来る人が日本に何人いるでしょう?

多国籍環境ゆえ、その独特な合理主義的考え方が香港(と香港人)にはその根底にあるのかも知れません。

しかしながら、こうした"官民共同"で運営する事例と言うのは単に紙幣だけに止まっていないと言うのも事実ではあります(以前ご紹介した退職金制度<MPF>などもその一例です)。

つまり、大枠を決めるのは政府、そして実際に運営・管理するのは民間。

こうしたところにハッキリとその"役割分担"があるあたりにも、香港の特色が表れていると言えるかも知れません。

▲ページのTOPへ