1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. 香港 »
  4. 香港一般

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

香港 > 一般

口座開設時の頻出ワード "KYC"とは何なのか?

KYCとは"Know Your Customer"の略の事で、和文に訳しますと"顧客確認"となります。

実務の面からより具体的に言うと、新規に銀行口座を開設する際に銀行側から求められる"一連の書類手続"の事を指しています。

その目的と言うのは(事前の段階で)口座開設を行う顧客の身元確認を徹底する事により、マネーロンダリングと言った国際的な犯罪に対して銀行が絡まないようにする為と言われております。

このKYCが要求する内容は実際に多岐に渡っていることもあり、口座開設希望者にとっては煩わしさの極みであると言えるでしょう。

例えば個々人の身分証明証(ID)程度ならまだしも、投資する資金の出所や個人が持っている金融資産の内容、国内で従事する会社の業種や職業、ポジション、更には居住地やコンタクト先(電話番号、メールアドレスなど)、挙句の果てには投資を行う個人の投資属性そのものがリスクに見合っているかどうか?と言った所まで含まれることがあるのです。

残念な事に、当局からペナルティーを恐れる銀行は今やこのKYCなしでは口座開設に応じないスタンスを明確にしつつあり、今後、開設を希望されるお客様にとってはこうした状況に対する相応のご準備は必須でしょう。

弊社でも様々な口座開設対策を施し、お客様をサポートしている毎日です。

▲ページのTOPへ

スマホサイトを表示