1. TOP »
  2. 法人設立お役立ち情報 »
  3. その他 »
  4. その他法人

香港法人・オフショア法人設立お役立ち情報

その他各国 > 法人

国税局員にもある異動の季節&避けて置くべき各種相談(1)

国税局や税務署でも民間企業などと同様に『異動の季節』があります。

国税組織(国税庁、国税局、税務署)と言うのは財務省の外局であり、国会が開催中である場合などを除いて、毎年6月から7月初めにかけて財務省のキャリアの異動が行われます。

この財務省内での異動を待って、次ぎは国税組織内の人事異動へと繋がるのですが、これには国税組織全体の事務年度(毎年7月1日から翌年6月末)も密接に関係していると言えるでしょう。この時に勤務地等の異動(転勤含む)のほか、職制上の昇格なども同時に行われます。

こうして書くと何等一般企業と変わるところはないですが、特徴として挙げさせて頂く点んでは転勤のペースがやや早いと言う事です。

大よそ"2~3年に一回"と言うものが多い為、税務組織で働く職員は、自身だけでなく家族にもある種の負担を強いる職場であると言えるかも知れません。しかしながら、こうした頻繁な"勤務地シャッフル"は金融機関などと同様、その職務から回避出来ないものです。

これは余りに長い期間、ある特定の地域を担当し続けてしまったりする事で納税者様との間に『癒着』が発生してしまい兼ねないからであり、たった一つの不祥事が、社会に与える影響が甚大過ぎるからです。

こうした危機管理面への対応に常に腐心し意識なくてはならないと言う所が、税務組織で働くと言う責任の重さなのかも知れません。

▲ページのTOPへ